SIMカードを交換したら「アクティベーションロック」と表示されました!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

1月7日(火)20時16分 マイナビニュース

アクティベーションロックとは、iPhoneを勝手に初期化されないための機構です。iPhoneを紛失したり盗難の憂き目にあったりしたときでも、アクティベーションロックがかかっていれば、持ち主である自分の許可なしにはiPhoneを操作することはできません。

そもそもiPhoneは、購入直後にいきなり使うことはできません。モバイル回線またはWi-Fi回線経由でAppleのサーバ(アクティベーションサーバ)に接続し、シリアル番号などの確認を受けなければ操作画面に移動できないしくみです。iPhoneがアクティベーションサーバの持つ情報と異なると判断されたとき、あるいはicloud.comから手動ロックしたときには、アクティベーションロックが行われ解除手続き(再アクティベート)するまでiPhoneを使えなくなります。

盗難/紛失とは縁のない自分のiPhoneにも、アクティベーションロックがかかることがあります。典型例は、SIMロック解除直後のSIMカード交換です。解除直前までと異なるキャリアのSIMカードに差し替えた場合には、アクティベーションロックがかかるものと認識しておきましょう。対処方法はシンプルで、アクティベーションロックと表示された画面に自分のApple ID(メールアドレスとパスワード)を入力すればOKです。

中古品として入手したiPhoneにアクティベーションロックが発生した場合には、販売店あるいは売り主に連絡を取りましょう。iCloud.comにアクセスし、「iPhoneを探す」画面に表示されている対象のiPhoneを削除してほしいと伝えれば、ひとまず安心です。相手のアカウントからiPhoneが削除され次第、アクティベーションロック解除が可能になるはずですよ。

マイナビニュース

「iPhone」をもっと詳しく

「iPhone」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ