LINE、いつでも医師に相談できる「LINEヘルスケア(β版)」iOSで提供

1月8日(水)14時31分 マイナビニュース

LINEとエムスリーの共同出資による合弁会社「LINEヘルスケア」は8日、いつでも医師とLINEでつながるオンライン健康相談サービス「LINEヘルスケア(β版)」を発表し、iOSにて同日より提供を開始した。

このたびLINEヘルスケアが提供を開始したのは、「体調不良や軽い怪我で病院に行くべきか迷っている」といった悩みをチャット形式で医師に相談できる「いますぐ相談する(相談を予約する)」と、「最近調子が悪い」「人に言いにくい症状がある」などの悩みをテキストメッセージで詳しく医師に相談できる「あとから回答をもらう」という、2種類のオンライン健康相談。

相談は「オンライン診療の適切な実施に関する指針」の遠隔健康医療相談(医師)の範囲で実施され、利用料金は「いますぐ相談する」が2,000円(税込)/30分、「あとから回答をもらう」が1,000円(税込)/48時間、1,000文字まで(いずれもβ版時の料金)。対応時間は24時間365日だが、「いますぐ相談する」については、時間や医師の状況によりすぐに医師とマッチングできない場合があるという。

現時点では、内科・小児科・産婦人科・整形外科・皮膚科の診療科目で相談可能となっているが、今後も随時拡大予定とのことだ。

なお、現在、「いますぐ相談する」「相談を予約する」「あとから回答をもらう」で相談を開始した先着1,000名に、もれなく999円相当のLINE Pay残高が贈呈される「LINEヘルスケア先行体験キャンペーン」を実施している。

キャンペーン対象は、1月19日の23時59分までに相談を開始した人が対象で、医師に相談後、1月22日の23:59までにアンケートに回答した人、LINE Pay登録が完了している人、「LINEヘルスケア」公式アカウントを友だち追加している人が対象となる。

マイナビニュース

「LINE」をもっと詳しく

「LINE」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ