マイクロソフトを騙るフィッシングメールが出回る フィッシング対策協議会が注意喚起

1月12日(木)17時33分 BIGLOBEニュース編集部

マイクロソフトを騙るフィッシングサイト

写真を拡大

フィッシング対策協議会は12日、マイクロソフトを騙るフィッシングメールが出回っていると発表。アカウント情報などを入力しないよう注意を呼びかけている。


フィッシングメールの件名は「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。」で、本文では「日本マイクロセキュリティチームはお使いのオフィスソフトのプロダクトキーが違法コピーされた可能性があることを発見しています。」と警告。攻撃者がプロダクトキーを利用して他のソフトを起動しようとしているとして、本人確認の認証作業を行うよう促す内容となっている。


メールにあるURL「http://microsoft-securityprotection-●●●●.com/ 」を選択すると、マイクロソフトのロゴなどを模したフィッシングサイトに誘導。ログインに必要なメールアドレスやパスワードなどのアカウント情報に始まり、PINコード、氏名や住所などのお客様情報、カード番号やセキュリティコードなどの支払い情報の入力を求められる。


この件についてマイクロソフトサポートの公式Twitterは、「弊社から送信しているメールではございません」とコメント。メールは開かず、削除するように呼びかけている。


<マイクロソフトを騙るメール本文>

LINEを騙るフィッシングメール


<マイクロソフトを騙るフィッシングサイト>

LINEを騙るフィッシングメール


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マイクロソフトをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ