頑張った分だけ「寿司」を貰おう ユニークな投げ銭サービス「Osushi」登場

1月12日(金)19時54分 J-CASTニュース

画像はイメージ

写真を拡大

ITベンチャーの「ウォンタ」(東京都新宿区)はこのほど、Web上で気軽に送金できるサービス「Osushi」の事前登録を受け付けた。

寿司はエンジニアの「起爆剤」


「やっと仕事が山場を越えた」「魂を込めた記事がようやく公開できる」——こんな時は、大人といえどもご褒美が欲しいもの。



そこでOsushiの出番だ。同サービスは、専用リンクを作成するだけで、メッセージや少額(100円〜1000円)のやりとりが可能なプラットフォームである。



具体的な利用シーンとして、お世話になった友人に感謝のメッセージを送ったり、ブロガーがブログにOsushiのリンクを貼って"投げ銭"を期待するなどが考えられる。



ユニークなのは、メッセージを「お茶」に、寄付を「寿司」に見立てた点。公式サイトでは、


「お寿司はエンジニア界でコミュニケーションを活発化させるものと捉えられています。また、お寿司を介することでお金を渡すという精神的ハードルが下がると考えています」

と説明。まさに、お寿司を"奢る"というわけだ。



ライターのモチベーションも上がりますね!!!


ネット上では早くも注目を集め、


「面白そうなサービスです。このゆるさが結構好きですw」

「わたしのためのサービスやんけ.........」

「これは、ライターのモチベーションも上がりますね!!!最高!!!」

といった期待を込めたツイートが多数見つかった。



送金は、クレジット決済とビットコインに対応。寿司の購入には送金額の10%の手数料がかかり、受取金を口座振込する際は200円の手数料がかかる。



リリースは2018年1月下旬を予定。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

寿司をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ