Windows 10ミニTips 第245回 デスクトップアプリとUWPアプリでアクセントカラーが違う?

1月12日(金)10時57分 マイナビニュース

○「カスタム色」で配色を指定する

普段から筆者はアクティブウィンドウをひと目で確認するため、「設定」の「個人用設定/色」に並ぶ「以下の場所にアクセントカラーを表示します」で、タイトルバーへの着色を有効にしている。

さらにデスクトップデスクトップの背景として単色を指定しているため、「背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ」のチェックを外し、特定色を指定しているのだが、設定状況に応じてタイトルバーの配色が変化することに気付いた。

上図はWindows 10の初期状態のまま、「背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ」を有効にしたものだが、UWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリケーション(以下、アプリ)とデスクトップアプリにおけるタイトルバーの色味が異なる。

ツールを使ってタイトルバーの配色を調べてみると、UWPアプリのRGB値は「41:143:204」、デスクトップアプリは「38:166:242」だ。だが、任意の配色を選んだ場合はデスクトップアプリとUWPアプリは同じRGB値が用いられていた。

Windows 10 Insider Preview ビルド17063で同じように調べてみると、各UWPアプリはタイトルバーに独自配色を施しているため、「背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ」の影響は少ないようである。

これらのことから、Windows 10 バージョン1709のUWPアプリが誤った配色を選択しているのか、もしくは自動的にアクセントカラーを選択するロジックに問題がありそうだ。

さて、デスクトップアプリのタイトルバーに対する配色を固定するには、前述のとおり「カスタム色」を指定すればよい。これでデスクトップアプリのタイトルバーも、「設定」を始めとするUWPアプリと同じ配色が用いられる。

阿久津良和(Cactus)

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アプリをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ