Razer、スマホを装着できるノートPC型ドック「Project Linda」

1月12日(金)12時38分 マイナビニュース

Razerは、同社のフラグシップスマートフォン「Razer Phone」用のノートPC型ドックのコンセプトモデル"Project Linda"を披露した。

○5.7型液晶搭載の人気スマートフォン「Razer Phone」

Razer Phoneは、120Hzのリフレッシュレートに対応した2,560×1,440ドットの5.7型液晶を搭載したゲーミングスマートフォン。

プロセッサがQualcommのSnapdragon 835、メモリが8GB、ストレージ64GB(microSDにより最大2TBの増設にも対応)のハイエンド仕様で、さらに12MPフロントカメラや4000mAhの大容量バッテリを搭載するする。

また、THX認証を受けたスマートフォンとしては大型のスピーカーを備え、迫力あるサウンド表現も実現している。残念ながら、現時点では、日本国内での発売予定はないものの、699ドルというアグレッシブな価格設定も手伝って、人気のスマートフォンになっている。

○スマホがタッチパッドに - ノートPC型ドック「Project Linda」

Project Lindaは、RazerのAndroidスマートフォン「Razer Phone」のノートPCドックで、Razer Blade Stealthをベースとした13.3型ノートPC筐体のタッチパッド部にRazer Phoneの格納機能を搭載する。

液晶にリフレッシュレート120Hzにも対応した2,560×1,440ピクセル表示のタッチパネルを採用し、本体に200GBのフラッシュストレージと56.3Whのバッテリを備え、Razer Phoneのストレージとしても利用できる。

Razer Phoneを装着した場合は、タッチパッドとして機能させる以外にも、マルチディスプレイ表示にも対応する。

Project Lindaは、Razer Phoneのドックとして、より大画面でゲームプレイを楽しめるようにするだけでなく、Netflixアプリを使うことでHDRコンテンツ再生とDolby Digital Plus 5.1サウンドのサポートを可能とし、プレミアムコンテンツを楽しめるようにする狙いもあると思われる。

なお、本製品については、コンセプトモデルということで、発売時期や価格は未定だ。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ノートをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ