「X470らしき」チップセット搭載の次世代Ryzen向けマザーボードをGIGABYTEが公開

1月12日(金)14時57分 マイナビニュース

GIGABYTEは、米国ラスベガスで開催中のCES 2018でプライベートスイートを設け、2017年に発売した製品を中心に展示を行なった。この中で同社は、"次世代Ryzen用マザーボード"を一部報道関係者に公開した。
○"大人の事情"でチップセット部分が隠れている

"大人の事情"で、製品名の一部が隠された状態になっているが、本マザーボードは、AORUSシリーズのゲーミングマザーボードの次期GAMING 7モデルに相当する。Socket AM4マザーボードとしてはめずらしく、M.2スロットを2基備えていることが特徴となる。

ただし、同社の説明員によると、第2世代のRyzenでは、CPU側のPCI Expressレーン数を増やすということではなく、M.2 22110スロットは、PCI Express x16スロットとの排他利用となるという。

つまり、同M.2スロットを利用した場合、CPU接続のPCI-Exprexx x16スロットはx8接続となり、CPU接続のもう1本のx16スロットは利用できなくなるとの説明だった。

なお、基板終端側のx16スロットはチップセット接続のx4スロットだ。なお、PCI-ExpressスロットとM.2スロット配置は、下記の通り(CPU側より)。

○電源周りを強化し、よりアグレッシブなOCも可能に

また、本製品はCPUの電源まわりが強化され、11+2構成のVRMに変更されるとともに、VRMの冷却機構も進化させている。

CPU電源は、8ピンコネクタに加えて4ピンコネクタが追加、アグレッシブなオーバークロックにも対応できるという。GIGABYTEは、本製品を第2世代Ryzenの発売にあわせて市場投入すべく、最終調整に入っているとした。

○オプティカルスイッチ採用のゲーミングキーボード

また、同社は新しいゲーミングキーボードとして、オプティカルスイッチを搭載したメカニカルキーボードの「AORUS K9 Optical」を発表した。同製品は、Wooting製flaretech switchを採用し、各キーが1,677万色のRGBカラーバックライトに対応する。

まず赤軸と青軸の2タイプで製品展開を図るが、flaretech switchの特徴でもある、キースイッチそのものの交換もユーザー側で行なえるようにオプション展開を図るべきか検討を進めている段階だと言う。なお、日本市場への展開は未定。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ラスベガスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ