楽天モバイル、情報持ち出し問題で「業務利用の事実は確認されていない」

1月12日(火)14時51分 マイナビニュース

楽天モバイルは、同社従業員が不正競争防止法違反の容疑で逮捕された件について、ソフトバンクから持ち出された営業情報を「弊社業務に利用していたという事実は確認されていない」とのコメントを発表した。
楽天モバイルへ転職したソフトバンク元社員が、ソフトバンクを退職する前に4G / 5Gのネットワーク技術に関わる営業秘密情報を不正に持ち出していたとして、不正競争防止法違反の容疑で逮捕された件を受けたもの。ソフトバンクは1月12日に「楽天モバイルが該当の秘密情報を何らかの形で利用している可能性が高い」とし、今後、営業秘密の利用停止と廃棄などを目的とした民事訴訟を提起する予定であることを告知している。
一方、楽天モバイルでは「社内調査を徹底しており、現時点までに、当該従業員が前職により得た営業情報を弊社業務に利用していたという事実は確認されておりません。また5Gに関する技術情報も含まれておりません」とコメント、双方の主張が食い違うかたちとなった。楽天モバイルは、警察の捜査に全面的に協力していくとしている。

マイナビニュース

「楽天」をもっと詳しく

「楽天」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ