A4用紙25枚グリップ可能! レアメタルマグネットが誕生

1月13日(水)19時0分 lifehacker

「タングステン」という単語を聞いたことはありますか? タングステンとは、数あるレアメタルの中でも 密度、硬度、融点が最も高い金属のこと。
このタングステンから削り出して作られた強力な磁石「レアメタルマグネット」が、現在machi-yaでクラウドファンディングを実施中。
ミニマリスト向けの設計で、従来にないワンランクもツーランクも上のマグネットの特長を見ていきましょう。
素材はなんとレアメタル!
5f73b5caf0e38eaeb99df8c4b685a710
Image: SMILE KINGDOM
このマグネットは、レアメタルが素材。密度はゴールドと同じ比重で、硬度はダイヤモンドに次ぐ硬さを誇ります。
また、産出量が少なく入手が困難な上に、ダイヤモンドでしか加工ができないというとても難易度の高いものです。まさに職人泣かせと言われる鉱物の加工を成功させたという点からも、このメーカーの技術の高さがうかがえます。
75eaf57bc708713da84bd02e2ccf7621
Image: SMILE KINGDOM
このレアメタルマグネット、A4のコピー用紙を25枚もグリップできるくらいに強力なんです! これなら会議や打ち合わせ時にプリントをたくさん留めるときに役立つでしょう。
c0ab5f92e85862f652f32544b78bae65
Image: SMILE KINGDOM
さらに写真のように、重たい鍵やキーホルダーも3個もかけられます。これだけの耐久性があれば使い方の幅が広がりそうですね!
マグネットの素材は5種類
2a917fdc-41ac-46a7-bbfe-aeb0dd0da034.png
Image: SMILE KINGDOM
レアメタルマグネットは、デザインを統一しつつ違う素材で作られたものが5種類あります。
先に挙げたレアメタルのタングステン、銅、鉄、チタン、アルミニウム。重さや耐荷重が異なるので、用途によって使い分けてみるのも良いでしょう。
重いものはタングステンにお任せ、軽いものはアルミニウムに。
フックやクリップホルダー、ペーパーウェイトにも使うことができます。レアメタルマグネットがあれば、デスクの上もスッキリしますね!
希少金属をお手元に!
61a003fd6a3675d9f3c616c9664c3e43
Image: SMILE KINGDOM
タングステンは先述の通りとても貴重で加工の難しい金属です。そのタングステンを惜しみなく使ったレアメタルマグネット。
スタイリッシュな見た目とパワフルな磁力が合わさった最高のマグネットと言えるでしょう。日常の様々な場面で活躍してくれること間違いありません。
こちらの「レアメタルマグネット」、5種類セットが早割で販売価格10,000円から2,200円OFFの8,800円で支援が可能。
仕事場や自宅など場所を選ばずに使うことができるレアメタルマグネット。新しい収納のひとつとして検討してみてください。
>>ミニマリスト向け設計!A4用紙25枚も強力にグリップできるレアメタルマグネット
Image: SMILE KINGDOM
Source: machi-ya

lifehacker

「レアメタル」をもっと詳しく

「レアメタル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ