Apple Carの設計、実は日本メーカーに披露されていた?

1月14日(金)7時0分 GIZMODO

shutterstock_219117604
Image: withGod / shutterstock.com
どんな感じなんだろう…。
昨年からにわかに報道が増えてきた、Apple(アップル)独自の自動車こと「Apple Car」。いまだにその姿が見えませんが、私のようにスマートフォンからノートパソコン、イヤホンまでアップルブランドで統一しているアップル野郎だと、やはり気になります。Tesla(テスラ)を今買ってしまうか、それともApple Carを待つべきか…実に悩ましいです。
そんなApple Carに関して、日本メーカーに回路図などの設計が披露されていたという気になるニュースをNikkei Asiaが伝えています。
2020年の1月にアップルのパーツマネージャーを名乗る人物が、日本の自動車部品メーカーのサンデンに電気自動車の回路図やエアコンの部品を披露したとのこと。サンデンは中国ハイセンスのグループ企業で、自動車用エアコンや自動販売機、エコキュートなどを生産しています。
ただ残念なことに、サンデンは2020年6月に事業再生手続きを開始しており、Apple Carに関する提携の話もフェードアウトしてしまったとのこと。ふむむ、これまでの報道どおり、Apple Carの生産パートナー探しは難航しているようですね。
テスラが電気自動車メーカーとして一定の地位を築くまでにはイーロン・マスクCEOの地のにじむような努力があったように、いかにアップルといえどそう簡単なストーリーではありません。噂では2025年にもApple Carの発売が予定されているようですが、他の自動車メーカーに並ぶ完成度に達するまでには5年〜10年くらい気長に見守る必要があるかもしれませんね。
Source: Nikkei Asia via MacRumors

GIZMODO

「アップル」をもっと詳しく

「アップル」のニュース

「アップル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ