旅館「えいえいっ!解けた?」温泉「解けてないよ」 寒さでまさかの「温泉が凍る」悲報 Twitter民から困惑の声

1月14日(日)14時51分 ねとらぼ

温泉がカッチカチじゃないか……!?

写真を拡大

 強い寒気が流れ込み、全国的に真冬並みの寒さとなった1月12日の早朝、大分県の湯平温泉にある旅館「つるや隠宅」の温泉が凍るというまさかの悲報がTwitter民を驚かせました。
 つるや隠宅のTwitterに投稿された半露天風呂の写真では、通常なら温泉が下から溢れるように出てきて浴槽に注がれる場所が、ひと目で分かるほどカチカチに凍っている様子が写されています。この事実にコメントでは「!?」「大変なことに…」とガチの悲報に心配したり、中には「温泉ならぬ凍泉、これじゃあ客もトオセンなあ」といった声も。って、うまいこと言ってる場合じゃない!
 ここから温泉復旧のため頑張る同旅館。以前にはアニメ「けものフレンズ」の第11話を観て臨時休業した旅館だけに、ツイートでは「えいえいっ!解けた?」と解凍作業を行うも温泉から「解けてないよ」と返され、さらにそれが2回繰り返されるという、中々終わらない様子をアニメ「ポプテピピック」で見たようなシーンに置き換えて伝えています。あーそーゆーことね完全に理解した(わかってない)。
 幸いにも雪の影響で宿泊客はいないためその意味では大丈夫なのですが、その後も作業しながらロシア歌謡「ポーリュシカ・ポーレ」を鼻歌で聞かせるも解けず、「もう出て!当館のライフはもう0よ!」と必死さとネタの豊富さのわかる内容をツイート。なおこの時点で最初のツイートから4時間が経過しています。
 そしてついにお昼過ぎになってようやく解凍作業に終わりの時が。「脳内でアルマゲドンの主題歌が流れました」というツイートとともに最後は温泉が流れ出る様子が動画で投稿され、Twitter民を安心させました。よかった……本当に、よかった……。
 と、ここで「温泉って凍るんだ…」と疑問に思った人もいると思いますが、同旅館に話を聞いてみたところ、原理としては水道管凍結と同じとのこと。源泉や温泉を運ぶ本管ではなく、本管からお風呂まで温泉を運ぶ配管内に留まっていた温泉の凍結のため、“解凍作業”というのも「配管の始まりからバルブまでタオルをかけ、順々にぬるま湯をひたすらかけ続けるという地味な作業」だったそうです。
 しかし地味な作業といってもかかった実際の時間は約半日ということで、かなり大変だったはず……ですが、中の人曰く「その日は午後からガルパン最終章の6回目の鑑賞日」と決めていたため、そちらの時間に間に合わなくなることの方がよほどつらかったようで、そのために作業をとにかく急いだということでした。心の内には戦車のような強い意志があったのか……。
 ちなみに当日は起床した段階で温泉の凍結防止をしていなかったことを思い出し、その予感が的中した光景を目の当たりにしたときには「自分が何やったかわかっとんのかあああ」と自分に怒りつつ、凍結の事実を受け入れたという経緯があったそうです。
 Twitterで寄せられた驚きと困惑の声には「温泉は寒波には負けないという、その幻想をぶっ壊してしまい申し訳ないと思いました」としつつ、実際に凍結したのは源泉や温泉ではなく配管なので、その「配管は当館の温泉設備の中でも最弱なのでご安心ください」と、四天王的な例えで伝えています。
 旅館「つるや隠宅」のTwitterアカウントでは中の人の趣味のツイートがメインとなっていますが、公式サイト等を見れば分かるように「実際にお越しいただくと昔ながらの普通の旅館です」と説明。また趣味の方が気になる人も「特別何もお出しは出来ませんが、ご宿泊ではなくても担当者不在時と忙しい時間以外はお話だけさせていただく事もできますのでお気軽にお越しください」ということなので、大分に遊びに行った際はふらっと訪ねてみると話に花が咲くかもしれません。
 また中の人が「宇宙で一番愛している」と語る旅館のオリジナルキャラクター・電脳女将「千鶴」のTwitterアカウントもあり、こちらでは今回の温泉凍結について図を使ってわかりやすく説明しているので、気になった方はこちらものぞいてみるといいでしょう。
画像提供:@turuyaintakuさん

ねとらぼ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

温泉をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ