「松屋」「松のや」などの食券機で「一つ前のお客さんの味噌汁が豚汁に変更されてしまう」深刻なバグ発覚 松屋フーズに見解を聞いた

1月15日(水)17時49分 ねとらぼ

「松のや」にバグが発覚!?(画像は公式サイトより)

写真を拡大

 松屋フーズ系列のとんかつ店「松のや」の食券販売機に“脆弱性”が発覚したとTwitterを賑わせています。ある手順で豚汁変更券を買うと、自分ではなくひとつ前のお客さんの味噌汁が豚汁に変更されてしまうのです。編集部では松屋フーズに見解を聞きました。
 この現象を指摘したのは、将棋ソフト開発などで知られるやねうら王さん。やねうら王さんによると、豚汁変更券を定食より前に購入した場合、一つ前の客の味噌汁が豚汁に変更されてしまう可能性があるといいます。
 同様のシステムは松屋にも導入されており、問題が発生する条件の例は以下のとおりです。
1. Aさんが牛めしを購入
2. Bさんが豚汁(単品)を購入→精算(1回目)
3. Bさんが牛めし(単品)を購入→精算(2回目)
 このような操作を行うと、厨房にはAさんが豚汁を追加購入したかのように見えてしまう場合があります。問題について松屋フーズはどう考えているのでしょうか。
 松屋フーズは、同様の現象や話題となっているツイートを既に把握。「基本的には豚汁を同一の会計でセット購入してもらいたい」とした上で、食券機で注文した場合も受け渡し時に店員が食券を確認するので、その際のオペレーションが徹底できていればミスは防げるとしました。
 ネット上では、この問題について「こういう弱点はあっても完成されたシステム」「松のやのお客さんには、味噌汁が豚汁に変わっていても気にしない耐性があるから問題ない」「でも松のやのトンカツ意外と美味しいよね」など、“深刻な脆弱性”を面白おかしく受け入れる声が寄せられています。
 とはいえアレルギーや宗教上の理由で豚肉を食べられない人にとっては、本当に深刻な問題。十分に気を付ける必要がありそうです。

ねとらぼ

「松屋」をもっと詳しく

「松屋」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ