JRの都市型MaaSアプリ「Ringo Pass」始動 タクシーやシェアサイクルと連携

1月16日(木)19時39分 ITmedia Mobile

都市型MaaSアプリ「Ringo Pass」

写真を拡大

 JR東日本は1月16日、都市型MaaSアプリ「Ringo Pass」の提供を開始した。まずはiOS向けに配信し、Android向けのアプリを2020年春頃に配信する。
 Ringo Passは、あらかじめSuicaのID番号やクレジットカード情報を登録することで、複数の交通手段をスムーズに利用できるサービスだ。
 アプリの地図上で空車タクシーの走行位置を確認できる他、車内後部座席のタブレット画面に表示されるQRコードを読み取ることで、事前に決済から予約までを行える。目的地に到着した際にドライバーと運賃支払のやりとりをせずに降車できる。対応するタクシーは1月16日時点で国際自動車のみ。今後、大和自動車交通やチェッカーキャブなどのタクシーにも順次対応する。
 また、2020年春にNTTドコモのシェアサイクルサービス「ドコモ・バイクシェア」とも提携する。アプリ上でシェアサイクルポートの位置や利用できる台数を確認できる他、アプリに登録したSuicaをポートに駐輪されているシェアサイクルの読み取り機にタッチすることで、予約することなくシェアサイクルを借りられる。
 Ringo Passはこれまでドコモ・バイクシェアや国際自動車と連携した実証実験を実施してきた。JR東日本によると「実証実験では都心の企業で働く社員がモニター参加し、一定のニーズがあると分かったため、一般公開に踏み切った」という。今後も実証実験を重ねてサービスの改善に役立てるとしている。

ITmedia Mobile

「アプリ」をもっと詳しく

「アプリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ