バッファロー、メッシュネットワーク対応11ac無線LANルーターをリニューアル 「ネット脅威ブロッカー Premium」1年ライセンス付き

1月16日(木)17時4分 ITmedia PC USER

WRM-D2133HS

写真を拡大

 バッファローは11月16日、同社製のメッシュネットワーク対応11ac無線LANルーター「WRM-D2133HP」のリニューアルを発表、新型番モデル「WRM-D2133HS」として2月上旬から順次販売を開始する。価格はオープンだ。
 IEEE 802.11ac接続およびメッシュネットワークに対応した無線LANルーター「WRM-D2133HP」をベースに、Kaspersky製のセキュリティ機能「ネット脅威ブロッカー Premium」の1年間無料ライセンスを標準付属したモデルで、子供に悪影響を与えるようなWebサイトへのアクセスをブロックできる「コンテンツフィルターPlus」などの機能を利用できる。
 基本機能は従来モデルに準じ、対応する専用中継器を追加することで広い範囲にWi-Fi環境を提供できるメッシュネットワークを構築可能だ。無線接続はIEEE 802.11acおよびa/b/g/nに対応。有線ポートはギガビット対応×4(WAN側×1、LAN側×3)を利用できる。
またバッファローは、「メッシュネットワーク」対応のコンセント直刺し型専用中継器「WEM-1266WP」を2月上旬から順次発売する。価格はオープン。

ITmedia PC USER

「無線LAN」をもっと詳しく

「無線LAN」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ