バッファロー、コンセント直付け型のメッシュネットワーク中継器

1月16日(木)18時44分 マイナビニュース

バッファローは1月16日、メッシュネットワーク対応ブランド「AirStation connect」の新製品として、コンセント直付け型の専用中継機「WEM-1266WP」を発表した。2月上旬より発売する。価格はオープンで、市場想定価格は税込み12,000円前後。

コンセント直挿し型の無線LAN中継機。メッシュネットワークに対応しており、同社のWi-Fiルータ「WTR-M2133HS」シリーズ、「WTR-M2133HP」シリーズ、「WRM-2133HS」シリーズ「WRM-D2133HP」シリーズ専用のモデルとなっている。これらと組み合わせることで通信エリアを網目状に広げられる。

本体は、コンセントに差し込んだ時に上側の差込口を塞がないよう下に伸びたデザイン。設置の際はスマートフォン/タブレット用アプリ「connectアプリ」を使用することで、設置する場所の電波状況を確認できる。

アンテナは5GHz×2本、2.4GHz×2本を内蔵。ルータ1台につき最大9台まで追加が可能。無線LANセキュリティは、WPA2-PSK(AES)、WPA-PSK(AES)、WPA/WPA2 mixed PSK(AES/TKIP)、WEP(128/64bit)。Any接続拒否とMACアクセス制限にも対応する。本体サイズはW137×D48×H83mm、重さは約190g。

マイナビニュース

「バッファロー」をもっと詳しく

「バッファロー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ