ごはんとカレーを同時に調理、自動調理鍋「ツインシェフ」

1月16日(木)15時25分 マイナビニュース

ショップジャパンを展開するオークローンマーケティングは1月15日、自動調理鍋「ツインシェフ」を発表した。左右2つの鍋で異なる料理を同時に調理を行えるのが特徴で、ごはんとカレーを同時に調理できる。1月15日より発売する。価格は24,800円(税別)。

鍋を2個内蔵する自動調理鍋。材料を入れてボタンを押すだけで、左右の鍋で同時に調理を行う。蒸しプレートも付属するので、煮込み料理を作りながら蒸し調理も可能。最大4品を同時に調理できる。鍋の最大容量は3.6リットル(1.8リットル×2)で、調理できる量の目安はご飯が4合、カレー約6皿分(1皿約200gの場合)となる。

調理内容別にクイックメニューを10種類搭載。クイックメニューには、メニューに合わせた最適な火加減と時間がプリセットされている。用意されているのは、白米炊飯 / 玄米炊飯 / 炊き込みご飯 / 雑炊 / おかゆ / スープ / 煮込み料理 / 蒸し料理 / ケーキ / ヨーグルト。

調理温度と時間は手動での調整も可能。温度は35〜130度まで、時間は1分〜12時間(5分単位)。保温機能 / 温め直し機能も搭載する。内なべにはフッ素コーティングを施し、食材がこびりつくこともない。本体サイズはW410×D300×H210mm、重さは5.2kg。

マイナビニュース

「調理」をもっと詳しく

「調理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ