横向きに寝ても耳が痛くなりにくい、10gの柔らかイヤホン - ミヨシ

1月16日(木)16時4分 マイナビニュース

ミヨシは1月16日、寝ながら聞いても耳が痛くなりにくいシリコンイヤホン「ハンズフリー通話対応シリコン製寝転びイヤホン EPN-01」を発表した。1月中旬から順次発売され、価格はオープン。市場想定売価は税込1,280円前後。

寝ながらでも快適に使用できるイヤホン。ヘッドの奥行はわずか15mmと耳の穴の中にすっぽり収まるコンパクトさに加えて、やわらかいシリコン素材を採用することで、長時間装着したり横向きに寝転がったりしても、耳が痛くなりにくい設計となっている。

また、耳栓のような形状の遮音性に優れたカナル式イヤピース構造を採用することで、周りの騒音を軽減し、耳栓の代わりとしても使用できるという。

寝転びながらの通話や音声チャットなどに便利な全方向性マイクを搭載するほか、手元のボタンから通話の応答/終了や音楽の再生/停止、次の曲や前の曲へのスキップといった操作も行える。

主な仕様は、ドライバーユニットが直径6mmのダイナミック型で、再生周波数帯域が20Hz〜20kHz、イヤホン感度が93dB±3dB、マイク感度が-42dB±3dB、最大入力は10mW。重さは約10gで、ケーブル長は約1.2m。プラグは直径3.5mmの4極ステレオミニ。本体カラーは黒、青、ピンク、赤、白。

マイナビニュース

「イヤホン」をもっと詳しく

「イヤホン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ