NHKの新たなネット配信「NHKプラス」4月スタート 受信契約者は追加負担なし

1月16日(木)21時54分 ねとらぼ

NHKプラス

写真を拡大

 NHKが、新たなネット配信サービス「NHKプラス」を、4月1日から開始すると発表しました。地上波の番組をネットで同時配信し、放送後1週間は見逃し番組配信を行い、テレビ放送を補完するもの。利用にはNHKの放送受信契約が必要で、契約者と生計を同一にする人も追加負担なく利用できます。
 対象はNHK総合とEテレの番組で、開始時は南関東エリア(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)を対象とした放送を全国配信(※)。配信ビットレートは最大1.5Mbpsで、画質はSD相当となります。
※権利が確保できていない番組には“ふたかぶせ”(一部を静止画で隠す処理)がかかります。また、ニュースは番組単位でふたかぶせとなります
 利用開始時には公式の案内ページや専用スマートフォンアプリでアクセスし、メールアドレスや放送受信契約情報を入力。申し込み次第視聴は可能となり、後日ハガキで届く確認コードの入力で、利用登録が完了する仕組みです。発行されるIDは1つの放送受信契約につき1件。1つのIDで同時に5画面まで視聴ができます。
 NHKプラスの開始に伴い、既存のNHKオンデマンドはサービス内容を変更。これまで「放送から2週間」と「放送から2週間後以降」の番組を見るには、それぞれ別の契約(各990円)が必要だったところが、3月1日から提供される「まるごと見放題パック」(990円)だけで、「放送1週間後以降」の番組を見られるようになります(全て税込)。
※番組の配信期間はこれまで通り、番組により放送から2週間または1年(さらに延長する場合あり)

ねとらぼ

「NHK」をもっと詳しく

「NHK」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ