くも膜下出血で療養中のSHEILA、47歳の誕生日に笑顔の近影公開 「ボロボロ過ぎでつらい」とリハビリの日々に本音も

1月16日(木)21時47分 ねとらぼ

誕生日を迎えたSHEILAさん(画像はSHEILA Instagramから)

写真を拡大

 くも膜下出血で療養しているタレントのSHEILAさんが1月16日、47歳の誕生日を迎えたことをInstagramで報告。誕生日らしいハッピーな写真を公開していますが、重い後遺症が残ったリハビリの日々に「ボロボロ過ぎでつらい」と正直な心境を明かしてます。
 2019年5月末にくも膜下出血で緊急手術を受けたSHEILAさん。手術から約7カ月後に初めて更新されたInstagramでは、「辛すぎて何もできなかった」「片目が見えない、歩けない、ひとりでトイレに行けない」など重い後遺症が残っていることを明かしており、現在も懸命なリハビリに励んでいます。
 同日に47歳の誕生日を迎えたSHEILAさんは、「誕生日だった! 忘れてたよ」とお祝い用の帽子とメガネを身に着けて笑顔を浮かべた姿をアップ。「樫木先生と庭山さんは覚えててくれた、ありがとうございます」とリハビリトレーナーの樫木裕実さんらから祝福を受けたことをつづっていますが、「ボロボロ過ぎでつらい。治るかな。更年期もあるのかな」と後遺症や体の痛みと戦う日々に弱音も吐露していました。
 前日の投稿でも、「今日もリハビリ。やりたくない」と本音をこぼしていたSHEILAさん。ファンからは誕生日を祝福するコメントが寄せられた他、「ずっと応援してるので前向きに頑張って 生きててくれてありがとう」「みんなと一緒だから大丈夫」「今はボロボロでも、きっときっと元の明るくて綺麗で素敵なSHEILAさんに戻れますよーー!」「必ず治る!! 自分を信じて先生を信じて焦らずゆっくり」など温かな応援メッセージが多く寄せられています。

ねとらぼ

「くも膜下出血」をもっと詳しく

「くも膜下出血」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ