LINE Keepの賢い使いかた

1月17日(金)6時0分 マイナビニュース

皆さんはメモとして残しておきたいテキストや画像をどのように保管していますか? 実は、LINEの「Keep」はとても優秀なメモツール。テキスト、画像、動画、リンクなどをLINEのサーバーに保存できるので、アカウント引き継ぎの際にも消えることはありません。

この「Keep」に、「お気に入り」と「コレクション」という新機能が登場。今回は、基本的な使い方とあわせてKeepを賢く使う方法をご紹介します。
Keepに保存・閲覧する

Keepにデータを保存するには、LINEのトークルームで長押しする方法が簡単です。Keepに保存できる容量は1GBまでで、期間は無制限です。ただし、50MBを越えるファイルの保存期間は30日間なので注意しましょう。

また、スマホやPCに保存されているファイルをKeepに保存する方法もあります。その場合は、Keep画面から作業を進めます。

Keepのデータを友だちに送信する

よく使うテキストや画像、ファイルなどをKeepに保存しておくと、必要なときにすぐLINEの友だちに送信できます。テキストをLINE以外にシェアしたい場合は、Keepを開いて文字列を「コピー」するといいでしょう。

「お気に入り」と「コレクション」

Keepに保存した内容が増えすぎて、必要なデータが探しにくくなったら「お気に入り」と「コレクション」の出番です。「お気に入り」はそのデータでお気に入りマークを押すだけ。「コレクション」は複数のメモや画像を1つのフォルダにまとめる機能です。

著者プロフィール鈴木朋子ITライター・スマホ安全アドバイザー。SNSやスマホなど、身近なITに関する記事を執筆。10代のスマホカルチャーに詳しく、女子高生とプリクラにも出かける。趣味はへんてこかわいいiPhoneケース集め。著書は「親子で学ぶスマホとネットを安心に使う本」(技術評論社)など20冊を超える。

マイナビニュース

「LINE」をもっと詳しく

「LINE」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ