iOS 13の"エアドロ"で、知り合いのアイコンを消す方法

1月18日(土)17時44分 マイナビニュース

"エアドロ"ことAirDropを使うiPhoneユーザが増えています。iPhoneユーザに限定されるものの、めやすとして半径10m以内にいる相手であれば、パケットを消費せず写真やビデオなどを高速に転送できるからです。連絡先に登録のない人物とのやり取りも可能ですから、メールアドレスを教えるなどの面倒なしに初対面の相手と書類を受け渡しできるメリットがあります。

そのAirDropですが、iOS 13で若干仕様が変わりました。AirDropやメッセージアプリで共有機能を利用した相手のアイコンが、共有メニュー([↑]ボタンをタップすると現れる画面)に表示されるようになったのです。アイコンの右下には、やり取りに利用したアプリのアイコンが小さく表示されるため、何を共有したか思い出せるところもポイントです。

しかし、この新仕様、困ったところがあります。やり取りの頻度が高い相手だけが表示されるのならばともかく、一度でもやり取りすると表示され続けるため、ジャマに感じるのです。間違えてタップすると面倒なことになるので、消し去りたいところですが、共有メニューにアイコンを消す機能はありません。

消せない仕様の困った新機能ですが、小さく表示されたアプリアイコンが「メッセージ」であれば、原因となったやり取り(トーク)を削除すると、共有メニューに居座り続けるアイコンを消せます。削除したトークは復活できないため、やり取りの内容を残したい場合には使えない方法ですが、ジャマなアイコンが表示され続けることを思えばメリットは大きいのでは?

マイナビニュース

「iOS」をもっと詳しく

「iOS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ