ChromeのGoogle検索ボックスを「本物」に変える設定方法

1月20日(月)22時5分 lifehacker

Google Chromeで新しいタブを開いたときに表示されるGoogle検索ボックスはご存知のはず。

実はこれ、「本物の」検索ボックスではありません。

実際には、操作内容がブラウザのアドレスバーにリダイレクトされるだけで、新しいタブのなかで検索が行われるわけではありません。

はっきり言えば、無意味なお飾りです。少なくともデフォルト設定のままでは。

Chromeのフラグメニューには隠された設定があり、新しいタブ画面の検索ボックスを、本物のGoogle検索ボックスに変えることができます。手順は以下の通り(gHacksより)。


20200112-googlesearch02

Screenshot: Brendan Hesse


パソコンのGoogle Chromeで、[chrome://flags/]にアクセスする。

検索ボックスに[Real search box in New Tab Page]と入力し、検索する。

ドロップダウンボックスをクリックして、[Enabled(有効)]を選択。

変更内容を有効にするために、ブラウザウィンドウを閉じる。

次回Chromeを開くと、新しいタブページの検索ボックスが本物の検索ボックスとして動作する。


google_chromeタブ

Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部
ただし、この設定を有効とするには、Chromeの検索エンジンがGoogleに設定されている必要があります。

これを確かめるには、[chrome://settings/]にアクセスして、左のメニューから[検索エンジン]をクリック、ドロップダウンボックスの[アドレスバーで使用される検索エンジン]がGoogleになっているかをチェックします。

あわせて読みたい

Source: gHacks

Screenshot: Brendan Hesse,ライフハッカー[日本版]編集部

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文]

lifehacker

「Chrome」をもっと詳しく

「Chrome」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ