iPhoneで「勝手にビデオ再生」を止める方法は? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

1月20日(月)17時50分 マイナビニュース

iOS 13が公開されてからというもの、「勝手にビデオ再生されて困る」という声をときどき耳にします。確かに、写真アプリで撮り貯めた写真をつらつらと眺めているとき、ビデオが画面に映った途端再生が始まりビックリすることがあります。App Storeでおすすめアプリの紹介文を読んでいるときもビデオが自動再生されることがあり、またか、という印象が否めません。

そんなiOS 13の自動ビデオ再生機能ですが、無効化することは可能です。無効化しておけば、突然再生が始まり驚くことがなくなるだけでなく、モバイル回線使用時には通信料金を節約できるメリットもあります。ビデオは見るにしても自分の考えで再生を開始したい、という人にはおすすめの設定方法です。

ただし、写真アプリとそれ以外のアプリでは、自動ビデオ再生の設定場所が異なります。それぞれ独立しているため、写真アプリは自動再生したくないけれどApp Storeは自動再生でOK(あるいはその逆)という設定も可能ですから、自分の考えで決定しましょう。

写真アプリの自動ビデオ再生は、『設定』→「写真」の順に画面を開き、「ビデオとLive Photosを自動再生」スイッチで決定します(緑色で自動再生有効)。自動再生が有効な場合は、写真アプリの「写真」タブで画面のスクロールに応じ、ビデオとLive Photosが消音状態で再生されます。

その他のアプリについては、『設定』→「アクセシビリティ」→「動作」の順に画面を開き、「ビデオプレビューの自動再生」で決定します(緑色で自動再生有効)。なお、App Storeについては、『設定』→「iTunes StoreとApp Store」→「ビデオの自動再生」画面でオフを選択しても、自動再生を無効化できます。

マイナビニュース

「iPhone」をもっと詳しく

「iPhone」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ