ついにスバルもEV...! 2030年には純ガソリン車はなくなるかも

1月21日(火)20時30分 GIZMODO


200121_subaru
Image: Ben Wehrman / Shutterstock.com

EVになってもスバルであることに変わりありません。

温室効果ガスを排出するガソリン車に取って代わり、電気自動車への転換期が訪れている自動車業界。今度はスバルが、製品ラインナップの本格的なEV・HV化の計画を発表した、とengadgetが伝えています。

スバルはレガシー、フォレスター、BRZ、WRXなどの人気種を作っており、「スバリスト」なる根強いファンが定着しているメーカーでもあります。世界だけでなく、特に中国および欧州連合における排出規制が更に厳しくなったことでのEV化ですが、ファンたちも時代の波に合わせないといけなくなりますね。

トヨタと共同開発したHV車発表会にてまたスバルは、8.7%の株式を所有するトヨタがパートナーとなっており、今月20日には共同開発したハイブリッドSUV(トップ画像)のコンセプト・カーを発表しました。

werbCGでは、記者会見にて両社が「2030年代前半に、生産・販売するすべてのスバル車に電動技術を搭載する」、そして「2030年までに、全世界販売台数の40%以上を電気自動車(EV)もしくはハイブリッド車にする」という目標を掲げたことを報じています。

スバルは大昔、富士重工業の前の中島飛行機だった時代に戦闘機を作っていたことがあります。それがおよそ100年で、電動モーターの市販車を作ることになるだなんて…凄まじい技術革新ですよねぇ。

オイル漏れする水平対向エンジンちなみにですが、筆者は親が乗っていたレオーネの最終型を引き継ぎ、その後しばらくレガシィに乗っていた2代目スバリストです。スバルといえば水平対向エンジンが代名詞ですが、その形状からオイル漏れがすることも知られており、筆者のレガシィも立体駐車場で下段に停めている人の車の天井をオイルまみれにしてしまった苦い経験があります。

ということで、二酸化炭素も出さなければ、オイル漏れもしないスバルのEV車。既存の車種がEV化するのか、はたまたすべて廃盤になって完全な新型が出るのかも気になるところです。

Source: engadget, werbCG

GIZMODO

「ガソリン」をもっと詳しく

「ガソリン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ