NASAの次世代ロケット「SLS」のコアブースターが完成

1月21日(火)22時0分 GIZMODO


maf_20200108_artemis_roll_out_dn_5673_0.0
Image: NASA

デカい。

NASAによる月やさらに遠い惑星への探査計画の要となる、次世代ロケット「SLS(スペース・ローンチ・システム)」。そのコアブースターが完成し、輸送が開始されました。

SLSはアルテミス計画として、アメリカ人宇宙飛行士を月に届けるのが最初の目標です。アメリカ政府は2024年に月面への有人ミッションを計画しており、そのメンバーには女性が加わることも明かされています。

そしてニューオーリンズのミシュー組み立て施設にて製造されたこのコアブースターは、ミシシッピのステニス宇宙センターに輸送され、「グリーン・ラン(Green Run)」と呼ばれるテストが実施されます。これは実際の打ち上げを想定し、燃料を充填して8分間エンジンを点火するというものです。

現時点では、グリーン・ランは今年の夏の実施が予定されています。これが成功すると、さらにロケットをフロリダのケネディ宇宙センターへと輸送し、ロケット上段や宇宙船を設置。そして、無人での打ち上げテストへと駒を進めるのです。

今後SLSは無人テスト打ち上げの「アルテミス1」、有人テスト打ち上げの「アルテミス2」を実施した後、いよいよ月面に宇宙飛行士を届けることになります。現時点では2024年の有人打ち上げに間に合うかどうかはなんともいえないラインですが、ふたたび人類が月面に立つ日が楽しみですね。

Source: The Verge

GIZMODO

「NASA」をもっと詳しく

「NASA」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ