日常使いからアウトドアに旅先まで。どんな時でも気軽に使えるミニマルバッグ

1月22日(水)17時0分 lifehacker

ちょっとしたお出かけや旅行先での散策に小さいバッグって便利ですよね。

スマホやデジカメ、財布といった貴重品類だけをまとめたバッグがあれば重たいバッグで疲れたりせず、よりアクティブに活動できるというもの。

現在、姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「Cell bag」もミニマルなお出かけを実現してくれるバッグ。単体でサコッシュのように使えたりバックパックやパンツに付属できたりとマルチユースが特徴になっています。

こちらのキャンペーンが残り3日となったので最後にあらためてご紹介しておきます。

スマホと貴重品をしっかりガード
55

Image: machi-ya
「Cell bag」は名前のとおりCellphone(携帯電話)と少しのオプション品を持ち運ぶことを目的に作られたバッグとなっており、デザインはシンプルそのもの。スマホやモバイルバッテリー、パスポートやクレジットカードなどが収納可能です。


00

Image: machi-ya
大事なスマホや貴重品を扱うため、防水性については素材や縫製、隙間の埋め方を工夫されているようです。

ただし、水分が少しかかる程度であれば問題ありませんが、水中に浸ってしまうような場合には対応していないとのことなのでご注意を。


11

Image: machi-ya
開閉はスライド式マグネットホルダーのため、片手で簡単にできるようです。定評のあるドイツ製FIDLOCK(フィドロック)社のマグネットを採用しており、細かい部分にこだわっているのは好感が持てますね!


66

Image: machi-ya
ポケットが分けられているので貴重品管理しやすそう。直接、クレジットカードなどを入れてもいいですが、ミニマルウォレットと組み合わせるとより使い勝手が向上するかもしれません。

利用シーンを広げる4way仕様
13

Image: machi-ya
「Cell bag」は4つの使用スタイルがあり、スタンダードな利用法がこちらのショルダースタイル。長さも調節でき、徒歩はもちろん、自転車でも邪魔になることはありません。


99

Image: machi-ya
カラビナフックを使えば、バックパックなどに簡単に増設可能。アクセスしやすい小物入れを増やしたい場合にいいですね。


88

Image: machi-ya
カラビナを使うパターン違いで、ベルトループにダイレクトにアドオンする方法も。


44

Image: machi-ya
本体裏側のベルトを使ってストラップにくっつけると、アクセスが容易なフロントポケットの増設が可能です。

ポップなカラーバリエーション
22

Image: machi-ya
「Cell bag」はカラーによって素材が若干異なっています。単色のブラックとカーキは耐水性と耐久性で定評のあるナイロン素材、コーデュラの500デニールタイプ。

ブルー×グレー、レイクグリーン×イエロー、ブラックカモフラージュ、ホワイトカモフラージュの4色はX-Pacという素材が使われています。このX-Pacは海上の厳しい環境にさらされるヨットの帆を作るメーカーが開発した素材で、最近では有名アウトドアブランドでも利用されるケースが増えているのだとか。

スマホと貴重品だけで身軽に行動できる「Cell bag」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーン実施中。執筆時点では限定のmachi-ya割コースが15%OFFの5,480円(送料込)からオーダー可能になっています。

キャッシュレスも進み、スマホと少しの貴重品で行動できる範囲も増えたのでアウトドアや旅行、フェスのお供としても良いのではないでしょうか。

キャンペーンの終了まで残り3日となっているので、気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

>> スマホ収納と4way仕様でカジュアルに使える「Cell bag」のオーダーはこちら

Image: machi-ya

Source: machi-ya, YouTube

lifehacker

「バッグ」をもっと詳しく

「バッグ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ