5Gスマホ向けの薄型放熱部品、DNPが開発 厚さ0.25ミリを実現

1月24日(金)13時36分 ITmedia NEWS

開発したべーパーチャンバー

写真を拡大

 大日本印刷は1月23日、5G対応スマートフォン向けの放熱部品「べーパーチャンバー」を開発したと発表した。従来品と同等以上の放熱性能を保ちながら、厚さは0.25ミリと約3割薄型化した。同社は5Gスマホ向けの放熱部品事業に本格参入し、2025年度に年間200億円の売り上げを目指す。
 べーパーチャンバーは平板状の金属板を貼り合わせ、内部が空洞になった放熱部品。内部には冷媒となる純水などの液体を封入。この液体が蒸発と凝縮を繰り返しながら熱を移動させ、熱源部分の温度上昇を防ぐ。電子機器の小型・薄型化に伴い、高い冷却性能が求められる際などに使用される。
 5Gは大容量・高速通信などの特徴がある一方で、端末側はデータ処理量の増加に伴う過熱対策が課題となってくる。消費者からは薄型スマホのニーズがあるため、今回開発した製品では薄型化を意識したという。
 大日本印刷は、今秋までに同製品の量産を始める予定で、25年度に年間200億円の売り上げを目指す。

ITmedia NEWS

「スマホ」をもっと詳しく

「スマホ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ