煌びやかながらシックな存在感。差がつく腕元を演出してくれるオトナの腕時計「Tour02」

1月24日(金)19時0分 lifehacker

みなさん、トゥールビヨンって聞いたことありますか?

遡ること200年ほど前に、現在も高級時計ブランドのひとつとして知られる「ブレゲ」が発明した機械式時計の機構であり、重力の影響を分散することで当時、正確さに欠いた時計の正確性アップに貢献した装置なんです。

その超精密かつ複雑な仕組みは機械式時計の最高峰とも言われ、高級時計の代表格としてセレブ達をはじめとしたコレクターには人気なんですが、近年では技術の発達で比較的リーズナブルなものも登場しているようです。

姉妹サイトmachi-yaでキャンペーンを開始した「Tour02」もトゥールビヨンを搭載しながら10万円を切るコスパの良い機械式時計とのことなので、早速チェックしてみたいと思います。

数百個の緻密なパーツが織りなす美しさ
detail_8036_15721510712516

Image:machi-ya
トゥールビヨンはかつて機械式時計の弱点だった重力による誤差を極限まで排除するために開発された精密機構。1980年代には製造できる職人が世界で10人もいない、と言われるほど超絶技巧が必要で希少性が高かったことから、高級時計の代名詞的存在になったようです。

機能だけでなく見た目の美しさもあり、この機構を搭載している時計はスケルトンにしているものが多く、「Tour02」も文字盤に堂々と鎮座しています。

風防やケースにも惜しみなし
369ada9e1310183d4cce490d8cf9a9e6_original


「Tour02」は高価なトゥールビヨンを搭載しながら価格が抑えられていますが、他のパーツも妥協はありません。

風防はダイヤモンドに次いで硬く傷がつきにくいサファイヤクリスタルを採用し、


8d04156698b49c27639ba44e8af0d9d6_original

Image:machi-ya
43mmのケースには医療用メスにも使われる特殊なステンレス(SUS316L)を採用。しっかりと磨き上げられていますね。

いずれも一定レベル以上の時計に採用されることが多い素材を使っており、トゥールビヨンだけの1点豪華主義ではなさそうです。


detail_8036_15723465834393

Image:machi-ya
パッケージも高級感ある作りでアンボックス時のワクワクも演出してくれそうですね!

遊び心あるデザインと魅力的な価格
55

Image: machi-ya
フェイスデザインは4種。爽やかなホワイト系とシックな印象のブラックタイプに分かれています。ストラップはスタンダードなものから、明るめで遊び心のあるものがあり交換用のストラップを追加することもできるので、組み合わせてさまざまなバリエーションが楽しめそうですね。


pr5

Image:machi-ya
歴史のある有名ブランドのハイエンドラインと同じ機構を搭載しながら10万円を切るのはコスパがいいと言えるのではないでしょうか。

トゥールビヨン搭載の機械式時計「Tour02」は現在クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーン実施中。執筆時点では超早割24%OFFコースが20名限定で97,280円(送料込)からオーダー可能となっています。さらにもう少しお得なセット割コースなどもあるので、気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

>>トゥールビヨン搭載の機械式時計「Tour02」のオーダーはこちら

Image: machi-ya

Source: machi-ya, YouTube, wikipedia

lifehacker

「時計」をもっと詳しく

「時計」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ