「メルペイの招待ポイント全部すき家で使う」SNSで公約 → 数万ポイントが発生、130日以上すき家で食べ続ける鉄人が話題に

1月24日(金)11時32分 ねとらぼ

このキャンペーンがすき家生活の始まり

写真を拡大

 メルペイの友達招待キャンペーンへ一緒に参加しようと呼びかけ、「得たポイントは全部なくなるまですき家で使います」と宣言したところ、想定外に万単位のポイントが発生。以来公約を守り、130日以上すき家で食事を続けているTwitterユーザーが注目を集めています。
 話題の主、マナリスさんが利用したのは、2019年8月30日にメルペイで始まった「すすメルペイキャンペーン」。ユーザーが招待コードをシェアし、他者をメルペイに誘って登録が成立すると、招待する側にもされる側にも1000円分のポイントが付与される仕組みです(※)。
 マナリスさんは、同年9月1日にTwitterで招待コードを公開し、「このコード使えば1000円分もらえるので、ぜひみんなこの機会にメルペイ始めましょう……僕にも1000円手に入るのですが集まった全額なくなるまですき家でメシ食います……」と宣言。2日後にはキャンペーンポイントが5000以上集まったと報告し、「いよいよ俺の食生活がえぐくなる」とつぶやいていました。
 ところがそれはほんの序の口で、ポイントはその翌日1万以上に増加し、さらに次の日は2万をオーバー。仮に1日1回1000円使ったとしても、3週間はすき家で食べることになりました。
 もしここで魔が差して、たまったポイントで買い物でもしようものなら炎上待ったなしですが、そうはならないのがマナリスさんのすごいところ。公約通り、毎日必ずすき家で食事し、Twitterでレポートし続けます。ただ、その間も誰かが招待を受けてポイントが発生しているため、食べても食べても残高は減りません。日によってはむしろ増えることも。
 誰かがマナリスさんをすき家へ行かせるためメルペイへ登録し、発生したポイントでマナリスさんが牛丼やカレーを食べる——。そんな生活は2020年1月23日現在もなお続いています。「本当にすき家で使ってて律義」「いつ見てもあまりポイント減っていなくて笑う」「映画『スーパーサイズ・ミー』を思い出す」など、毎日温かく見守られているマナリスさんに、編集部はくわしい話を聞きました。
「1人か2人登録してくれたらラッキー」のつもりが……
—— まず、なぜ公約ですき家を挙げたのでしょうか
マナリス どこかの漫画で見た「牛丼は毎日食べても飽きない」という言葉を思い出して、牛丼チェーン店で一番通うすき家を選択しました。どの漫画だったのか、記憶はないんですよね(笑)。
—— ここまでポイントが集まると思っていましたか?
マナリス この企画自体、1人や2人登録してくれたらラッキーかな? と思っていました。それが今では(登録してくれた人が)総計100人を超えたので……こんなことになるとは。
—— 毎日のすき家通いで、しんどいと思うことはないですか
マナリス 海鮮や定食もありますし、正直しんどくないです。もし牛丼だけだったら困ったと思います(笑)
—— 健康を心配する声もありますが、体調はいかがでしょう
マナリス 今年の健康診断が楽しみですが、体重が増えたとかそういうのはありません。卓球をやっているので、カロリーを消費できているのかもしれませんね(笑)。
 あくまで僕は大丈夫で、おいしく食べさせてもらってますが、僕をまねして毎日食べて欲しいとは思いません。たまにでも、週に1回でもすき家に足を運んで、「すき家の牛丼はおいしい」って思ってくれるくらいがいいと思います。
 最後に、ポイントはいつごろ使い切れそうか聞いたところ、「4月には終わるのかなと思ってましたが、最近またポイントが増えてきたのでウケてます」とのことで、いまだすき家生活に終わりは見えない様子。そんなマナリスさんの推しメニューは、「豚生姜焼き丼におんたまトッピング」だそうです。
画像提供・協力:マナリスさん

ねとらぼ

「ポイント」をもっと詳しく

「ポイント」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ