13.3型2in1「dynabook V8」レビュー、1kg切りで約24時間駆動のTager Lakeモデル (1)

1月25日(月)7時0分 マイナビニュース

Dynabookが2020年12月に発売したPC新モデルのなかでも、13.3型の「dynabook V8・V6」と15.6型の「dynabook F8・F6」については、5つのスタイルで使える「5in1 プレミアムPenノートPC」としてブランディングされている。このうち13.3型の「dynabook V8/P」を実際に触ってみたので、その詳細についてお届けしたい。
コンバーチブルタイプだが重量は1kg未満
dynabook V8/Pは、360°回転液晶を備えたコンバーチブルタイプの13.3型モバイルノートPCだ。一般的には、タブレット形状とクラムシェル型ノートPCの1台2役をこなす2in1の部類だが、冒頭で述べた通り、dynabookとしてはその運用方法から「5in1」なる呼び方を提案する。具体的には、Penスタイル、Note PCスタイル、Monitorスタイル、Tabletスタイル、Flatスタイル、という5通りだ。
5in1のなかに「Penスタイル」とあるように、筆圧検知レベルが4,096のワコム製アクティブ静電ペンが付属することも特徴。執筆時点でECサイトにおけるdynabook V8/Pの実勢価格(税込)は230,000円台だ。
dynabook V8/Pの本体サイズは、W303.8×D197×H17.9mm。A4用紙の短辺が1cmほど短いサイズ感をイメージするとわかりやすいだろう。本体の奥行きは短いので、比較的スペースの少ないデスクやテーブルでも使いやすいはずだ。
重さは1kgを下回っており、1.2〜1.3kg程度の製品が多い13.3型コンバーチブルPCのなかでは軽いな部類。筆者としても、片手で扱いやすいなど、取り回しの良い印象を受けた。本体のエッジ部分は滑らかに整えられているため、手馴染みも上々だ。
ただし本体が軽いゆえ、閉じた状態から液晶を開こうとするときは、キーボード面を抑えながら開くことになる。両手操作が必要となるが、ここは軽さとのトレードオフだ。
dynabook V8/Pのおもな仕様
製品名:dynabook V8/P(試用機:P1V8PPBB)
参考価格:230,000円前後(税込)
OS:Windows 10 Home 64bit版
CPU:第11世代Intel Core i7-1165G7(2.80GHz)
メモリ:16GB LPDDR4X-4266
グラフィックス:Intel Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
ストレージ:512GB SSD(PCIe)
光学ドライブ:×
ディスプレイ:13.3型IGZO液晶、1,920×1,080ドット(フルHD)、ノングレア(非光沢)
タッチパネル:○
有線LAN:×
無線LAN:Wi-Fi 6(IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n)
Bluetooth:5.1
センサー:顔認証(Windows Hello対応)
Webカメラ:約800万画素リアカメラ、約92万画素フロントカメラ(物理シャッター付き)
おもなインタフェース:USB 3.1 Type-A×1、USB 4 Type-C(Thunderbolt 4、USB Power Delivery)×2、HDMI出力×1、ヘッドホン出力・マイク入力コンボジャック、microSDカードスロット(最大512GB)
バッテリ駆動時間:約24時間
本体サイズ:約W303.8×D197.4×H17.9mm
重さ:約979g
CPUには第11世代Intel Core(開発コードネーム:Tiger Lake)のCore i7-1165G7を搭載。コンフィグラブルTDPとなっており、必要に応じて動作性能が変わる。具体的には、TDP-up時は28W・2.8GHz、TDP-down時は12W・1.2GHzで駆動。dynabook V8/Pは、28W・2.8GHz駆動を前提に熱設計されている。ただし、Tabletスタイルで使用する場合には、28Wでは動作しない。
CPU内蔵グラフィックスはIntel Iris Xe Graphics。タイトルにはよるだろうが、ゲーミング用途でも活用できるだろう(後半でベンチマークを紹介する)。そのほか、メモリは16GB LPDDR4X-4266、ストレージは512GB SSD(PCIe対応)を備える。
dynabook V8/Pは、インテルが定める「Intel EVO」プラットフォームに準拠。かつてインテルが2003年から提唱した「Centrino」や、2011年から提唱した「Ultrabook」などと似たようなもので、一定のユーザー体験を保証する証しとして、本体にシールが貼られている。例えば、フルHDディスプレイでありつつ9時間以上のバッテリ駆動が実現されていたり、スリープ状態から1秒以内に復帰するような応答速度の実現、Wi-Fi 6対応、Thunderbolt 4でのデータ転送対応などが検証されている。

マイナビニュース

「モデル」をもっと詳しく

「モデル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ