取り出しやすさを追求! 写真撮影にも適したショルダーバッグ「Georiem SNSバッグ」が登場

1月27日(月)22時0分 lifehacker

写真に収めたい瞬間に遭遇したのに、バッグからスマホを出すのに手間取ってシャッターチャンスを逃してしまった、という経験はありませんか?

バッグの中の荷物が整理されていないと、欲しいものがすぐ取り出せずストレスを感じてしまうことがよくあります。

今回、姉妹サイトmachi-yaでキャンペーンを開始した「Georiem SNSバッグ」は、「とる」にフォーカスしたショルダーバッグ。荷物にアクセスしやすい構造になっているだけでなく、写真の撮りやすさにもこだわっています。

他にも使い勝手のいいポイントがたくさんあるので、早速チェックしてみましょう!

大きく開くフロントファスナー
メインポケット

Image: machi-ya

全開

Image: machi-ya
メインとなるポケットをガバっと開けば、中身が一目で分かります。

ファスナーを途中で止めると半開閉でき2つに折れ、さらに下まで下げると全て開くので、大きいものも収納しやすい仕様になっています。

タブレット類なら25cm×18cmまで収納可能です。


構造

Image: machi-ya
2枚の仕切りを持ち物に合わせてカスタマイズすれば、整理整頓も簡単になります。

もう、探し物で無駄な時間を費やす必要はありませんね。

安定の自立式
自立

Image: machi-ya
三角形にしたことで、しっかりと自立もできる「Georiem SNSバッグ」。

自立させてファスナーを開いておけば、どんな場所でも取り出しやすさをキープできます。

絶好のシャッターチャンスを逃すこともなく、ストレスフリーで撮影を楽しめます。


オフィス

Image: machi-ya
フリーランスやノマドワーカーの人にとっては、まるで持ち運べるオフィスのように使うことも。

パソコンの横に、必要なものが全て揃った「Georiem SNSバッグ」を立てておけば、仕事も効率よく進められますよ。

撮影用バッグとして役立つ機能
ベルト

Image: machi-ya
本格的な撮影に必要なものといえば三脚ですが、底面のベルトで固定しながら持ち運ぶことができます。

他にもバッグに入らないサイズのものは、ベルトで外付けしましょう。


穴

Image: machi-ya
モバイルバッテリー用ポケットとフロントポケットを繋ぐケーブル穴も完備しています。

常に充電しながら作業ができるので、大事な瞬間に電池が切れていた、なんてこともなくなりますね。

雨や汚れに強い
防水

Image: machi-ya
「Georiem SNSバッグ」に採用されている生地は、防水加工が施されています。

撮影用だと屋外で使うことも多くなるかと思いますが、急な雨も問題ありません。


底面

Image: machi-ya
底面の生地もぬかりなく防水で、拭くだけで汚れが落ちやすい仕様になっています。

自立させることで汚れが付きやすい底面ですが、これなら安心して使えますね。

「Georiem SNSバッグ」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーンを実施中。執筆時点では1個5,740円(送料込)からオーダー可能です。

詳細は以下のリンクからチェックしてみてください。

>>「Georiem SNSバッグ」のオーダーはこちらから

Image: machi-ya

Source: machi-ya,Youtube

lifehacker

「バッグ」をもっと詳しく

「バッグ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ