マイカーを、レーシングゲームのコントローラーにしちゃえる小さな基板。1100円でできちゃいました

1月29日(水)18時30分 GIZMODO


200121_racinggame
Image: Tindie, Nishanth Samala/YouTube

これなら軽トラでも、画面の中ではフェラーリ並に走れるかも?

もしも皆さんが『スーパーマリオカート』や『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』よりも、『グランツーリスモ』や『Forza』といった本格レーシング・ゲームがお好きであれば、可能な限り本物(に似せた)ドライビングを求めているってことかと思います。

ですが、実車を運転するより、もっと本格的なドライビング体験なんてできるのでしょうか? ひとつの方法としては、10ドルのプリント基板と少しお高い部品を使い、毎日通勤で踏んでいるアクセルとブレーキを究極のレーシングゲーム用コントローラーにする、というものがあります。

走らないクルマをコントローラーにしてみたこのハッキングは、Nishanth Samalaさんのスバル BRZが、レースの最中に不調になったときに思い付いたもの。新しいエンジンが到着するまでの間、この車を本格的なレーシングゲーム用コントローラーとして再利用しよう!というアイデアから始まりました。

Samalaさんは少しばかり実験をしたあと、彼の車のハンドルとペダルから送る信号が、98ドルで売られていたOBD2ドングル「Macchina M2」を使うと、レーシングゲームに変換できることを発見しました。「Macchina M2」は車のダッシュボード下のポートに接続され、通常は診断や修理に使用されるパーツです。

Samalaさんはこのアイデアをさらに一歩進めて、レーシングゲームをいくつか出しているXbox Oneと、彼のスバル BRZのインターフェイスを連携させたいと考えるようになりました。それからまたいくつかの実験のあと、他のハードウェアからの信号を受け入れられる3.5mmの入力を利用して、車両に接続された「Macchina M2」とMicrosoftのXbox Adaptiveコントローラーとの間のインターフェイスとして機能するプリント基板を作りました。

プロジェクターがあればもっと没入できるこのハッキングは、たとえばですが、かつて取りあげた「キャデラック ELR」や、「ランボルギーニ・アヴェンタドール」のように、車庫内に巨大スクリーンとプロジェクターを設置すると、最高のレーシングゲーム体験が味わえることでしょう。特に、実車の運転が好きで、レースがしたくてウズウズしちゃっている人などには最高の体験になりそうですよね。

すでに手に馴染んだハンドルを握る=仮想コースでの運転もスグに慣れることと思われます。ついでに、市場に売られているゲーム用のハンドルやペダルといったコントローラーを買うよりも、安上がりになる可能性もあります。

王道よりハッキングの方が安いSamalaさんがブログで指摘しているように、Xbox Oneで実際のインターフェイスを作るのに必要なハードウェアとケーブルには、およそ212ドルが必要です。しかしまともなハンドルとペダル・コントローラーのセットは、最低でも300ドルはかかってしまいます。

もちろん今回のハッキングは、既に本物の車を所有していることを前提としています。ですがもしそのうえで、ハイスペックなゲーム機やゲーム用のハンドル型コントローラーを買う予算があるのなら、こっちの安い方法で、通勤では味わえないスリルを楽しんでみてはどうでしょう?

Source: Tindie, Tindie Blog, macchina, YouTube

GIZMODO

「コントローラー」をもっと詳しく

「コントローラー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ