TOPPANデジタルとChinoh.Ai、物流DXの推進に向けロボティクス分野で協業

2024年2月5日(月)12時14分 マイナビニュース

TOPPANホールディングスのグループ会社であるTOPPANデジタルと、中国の先進ロボティクスに関するインテグレーター事業を展開するChinoh.Aiは1月31日、業務提携契約を締結したことを発表した。
近年、物流業界はEC市場の成長により貨物取り扱い数が拡大し続けている一方で、トラック輸送の時間外労働規制の強化によって起こる2024年問題や少子高齢化を原因とする労働力不足が深刻化。そうした背景もあり、物流分野のさまざまな工程において、自動化・機械化による効率化、省人化を実現するソリューションの需要が急速に高まりをみせているとする。
そうした中、Chinoh.Aiは中国の最新ロボティクス・ソリューションを統合・カスタマイズし、日本の製造業や物流業向けに物流ロボティクスを提供してきた。一方のTOPPANグループは、ものづくりから卸、小売り、生活者に至るサプライチェーン全体のデジタル化を推進。中でも物流関連においては、物流関連ではRFIDによるトレーサビリティシステムやデジタルピッキング、物流データの可視化などのソリューション拡充、センシングやAI、ロボット技術研究など、幅広い取り組みを進めているという。今回の協業はそんな同社が今後の市場拡大が期待される物流ロボティクス分野におけるロボティクス・ソリューションの強化を目的に、ロボティクスのインテグレーション・導入・保守のノウハウを持つChinoh.Aiと提携することで、両社の技術やノウハウ、強みを融合させ、物流分野の効率化・省人化を高度に実現するソリューション開発と展開を推進しようというものとなる。
今回の協業により、両社は相互の強みを補完したクロスセル・アップセルによる販売拡大が物流DX事業で可能になるとしているほか、工場や倉庫の省力化・省人化を実現する新たなソリューションとして、Chinoh.AIがノウハウを持つRGVとAGVによる複合ロボティクス倉庫と、TOPPANグループのRFIDやデジタルピッキングなどを連携し、工場・倉庫内の搬送と各工程の管理を組み合わせたロボティクス・ソリューションの共同開発を推進し、2024年後半からの提供開始を目指すともしている。
なお、両社は今回の協業を通して物流DXソリューションの共同提供スキーム構築や双方のリソースを掛け合わせ、工場・倉庫内業務のさらなるDXを推進し、物流業界のイノベーションを実現するとしている。

マイナビニュース

「物流」をもっと詳しく

「物流」のニュース

「物流」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ