「あなたの声でしゃべる」コエステーション、エイベックスの新会社に移管

2月6日(木)15時56分 ITmedia NEWS

コエステーション

写真を拡大

 エイベックスは2月5日、音声合成を扱う新会社「コエステ」を設立した。コエステは東芝デジタルソリューションズ(TDSL)が開発した音声合成技術「コエステーション」を活用したコンテンツに関連する事業を展開する予定で、3月上旬にはTDSLを引受先とする第三者割当増資を実施し、出資比率はエイベックスが80.01%、TDSLが19.99%となる。コエステーションのプラットフォームはTDSLから新会社に移管される。
 エイベックスは新会社設立を「タレント・著名人のコエ(声)の新たなサービスを展開するため」と位置付けている。
 コエステーションを使ったアプリはiPhoneとiPad向けに提供。最小で10個の文章を読み上げると話者に似た声の音声モデルを作成し、テキストを入力するとその声で読み上げる。
 2019年7月に締結されたエイベックスとTDSLとの基本合意では、次のような活用例を提示していた。
・スマートスピーカーやカーナビを好きなアーティスト・タレント・キャラクターの声で利用できる
・人気キャラクターの声で子どもが学習できる
・家族の声をいつでも身近に再現できる

ITmedia NEWS

「エイベックス」をもっと詳しく

「エイベックス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ