アイ・オー、4G/LTE回線でインターネット接続 SIMフリーのWi-Fiルーター

2月6日(木)1時33分 マイナビニュース

アイ・オー・データ機器は、インターネット光回線の敷設が難しい、できないなどの環境で4G/LTE回線を使用してネット接続する、SIMフリーのWi-Fiルータ「WN-CS300FR」を発表した。2月下旬より出荷予定。価格は18,700円(税別)

インターネット回線が敷設されていない賃貸住宅や、回線の敷設が難しい工事現場。短期間だけ開設されるイベント会場や事務所などでは、インターネットが利用しにくい。そんな環境で、気軽に4G/LTEモバイル回線を使ってネットに接続できるSIMフリーのLTEルータが登場した。

アイ・オー・データ機器が2月下旬から出荷するWN-CS300FRは、有線LAN機器とWi-fi機器の両方に接続可能。たとえば、デスクトップパソコンとは有線で接続し、ノートPCやゲーム機器などとはWi-Fi接続するといった使い方が可能。

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアと、それぞれのMVNOでデータ通信を利用できる。各キャリアとも幅広いバンドをカバーしているので、いろいろな場所で安定した通信が行える。

LANはRJ-45×1ポート。無線帯域は2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nに対応。壁や床などの障害物に強く、ほとんどのWi-Fi対応機器と接続可能。接続では上限16台を推奨している。

外形は約 133(W)×133(D)×35(H)mmとコンパクトなので、狭いスペースにも設置しやすい。ランプには「ひかえめLED」を採用されており、就寝時にも部屋の雰囲気を壊すことはないだろう。

マイナビニュース

「インターネット」をもっと詳しく

「インターネット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ