ANAや京急など、Universal MaaSの社会実装に向け連携

2月7日(金)14時0分 マイナビニュース

全日本空輸(ANA)、京浜急行電鉄(京急電鉄)、横須賀市、横浜国立大学(横浜国大)の4者は2月7日、多様な理由で移動にためらいのある人々に提供する移動サービスである「Universal MaaS」の社会実装に向けた連携を開始すると発表した。今後、多様な特性を持つ利用客や各サービス提供者での試用を重ねサービス提供者間で連携し、2020年度内の社会実装開始を目指す。

Universal MaaSとは、障がい者や高齢者、訪日外国人など、何らかの理由で移動にためらいのある利用客が快適にストレス無く移動を楽しめるという移動サービス。

公共交通機関の運賃、運航・運行状況、バリアフリー乗り継ぎルートなどの情報を利用客提供すると共に、利用客のリアルタイムな位置情報や必要とする介助の内容を、交通事業者、自治体、大学が共有して連携することで、シームレスな移動体験を実現する。

4者は、2019年6月から産学官共同プロジェクトを開始したという。

羽田空港第2ターミナルから横須賀美術館までの移動について、開発中の「お客さま用アプリ」及び「サービス提供者用アプリ」を用いた実証実験を繰り返し、車いすの利用客と各サービス提供者双方の意見を反映したUniversal MaaSのプロトタイプを構築したとしている。

お客さま用アプリは、移動時に介助が必要な車いすの利用客向けのバリアフリー乗り継ぎルートナビ。空港から目的地までの経路検索や、空港や駅構内・施設周辺のルート案内が確認できる。

サービス提供者用アプリでは、手伝いが必要な利用客の位置情報や属性情報を閲覧でき、利用客が空港や駅、施設に接近したことをアプリで通知する。

なお、2月7日時点での実証実験パートナーには、アドバイザリーとしてLocaliST、実証フィールドとして日本空港ビルデングのHaneda Robotics Lab、車いす用データ提供としてWheeLog、システム開発としてパソナテック(アプリケーション、インフラ基盤)、日本電気(NEC、混雑レベル表示機能)、NTTドコモ(行き先間違い防止機能)、ヴァル研究所(乗り継ぎ検索機能)の各者がある。

マイナビニュース

「MaaS」をもっと詳しく

「MaaS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ