「業界初」360度ドライブレコーダー 車外でアクションカメラにも

2月8日(水)9時0分 J-CASTニュース

360度全天周映像を高画質で記録(左)、右は車外ではアクションカメラ使用時

写真を拡大

自動車用品の製造・販売のほか、アプリ開発などを行っているカーメイト(東京都豊島区)は「業界初」というドライブレコーダー機能付きの360度カメラ「d'Action(ダクション) 360」を2017年2月8日に発売する。オプションのバッテリーに付け替えればアクションカメラとしても使える。

「駐車監視」も 専用アプリでスマホと接続



車のフロントガラス上部に設置し、車内外360度の全天周動画を録画しながら走行ログを記録できる。



約1353万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載し、4K相当(2880×2880ピクセル)/フルHD相当(1440×1440ピクセル)の高画質で撮影ができる。常時録画に加え衝撃録画、手動、静止画撮影などの録画機能を搭載。



車内での常時使用を考慮した耐熱性を実現し、高温動作時は自動でフレームレートを変更し、不意のシャットダウンを防ぐ機能を備える。microSDHC/SDXCメモリーカード対応。



無線LAN接続で映像を送信し、閲覧やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などへシェアできる無料のスマートフォンアプリ、360度「オリジナル」映像を「パノラマカット」や進行方向のみの「アングルカット」などに編集できるパソコンソフトも同時に提供される。



車外に持ち出しアクションカメラとして使うための三脚ネジ穴付きのバッテリーと充電器のセット「バッテリーオプション」、長時間録画に対応する予備バッテリー「バッテリーパック」、駐車中の車内外を360度監視できる「駐車監視オプション」などのオプションが用意される。



価格はオープンだが、直販サイト「カーメイト カーライフ創造研究所」での価格は4万9800円(税別)。

J-CASTニュース

「カメラ」をもっと詳しく

「カメラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ