中国の衛星から月の裏側と地球の珍しいツーショットが届く

2月8日(金)23時0分 GIZMODO


190208_moon
Image: Dwingeloo Telescoop/Twitter

月のダーク・サイド、そんなに狂気は潜んでなさそうです。

宇宙を征服するべく、月の裏側に降り立った中国の探査機「嫦娥(じょうが)4号」と探査車「玉兔(ぎょくと)2号」が正月から話題になっていますが…今度は2018年5月20日に打ち上げられた、天文観測衛星「龍江(ろんちあん)2」より、大変珍しい月の裏側と地球のツーショット写真が届きました。

昨年6月から月の軌道を周回している「龍江2」。これは「嫦娥4号」がデータを一旦パスする中継衛星「鵲橋(じゃっきょう)」と共に月を回っています。「龍江2」には姉妹衛星の「龍江1」がいますが、こちらは5月末まで地球の軌道から離れられずにいたとのこと。それ以外は、中国国家航天局(CNSA)の月面探査は順調に行っています。

データ受信は衛星のおかげこれまで見てきた、月の裏側初の近接写真や、小さいクレーターだらけだった史上初のパノラマ写真、それに月で芽吹いた綿花の種の実験報告などは、「鵲橋」と「龍江2」がなければデータは届きませんでした。何せ月の裏からは、それらの衛星に一度データをバウンスさせないと地球に送られないからなんですよね。

「龍江2」この衛星は、横50cmのマイクロ・サテライトで、サウジアラビア製の光学カメラを搭載しています。「龍江2」は月の周回に到達した6月に、月をナメながらの地球写真を届けてくれたこともありました。

ドウィンゲロープ天文台北オランダのドウィンゲロープ天文台(CAMRAS)によりますと、「龍江2」は今年1月初頭、CNSAが「嫦娥4号」の着陸を慎重に監視する必要があったため、電波干渉を最小限にするべく通信を停止していたとあります。このCAMRASには、現役最古にして回転する25mの電波望遠鏡(パラボラ・アンテナ)が設置されています。そこで彼らは、CNSAの無線通信を手助けしているのです。

そして今回の写真は、そのドウィンゲロープ天文台によるつぶやきだったのでした。

This photo of Earth and the Lunar farside, maybe our best ever, was taken yesterday by the Chinese Lunar satellite DSLWP-B (Longjiang-2). The Dwingeloo telescope downloaded the photo from the satellite this morning. More info at https://t.co/sKt7w9mol9 pic.twitter.com/IsnyvqekTz

— Dwingeloo Telescoop (@radiotelescoop) 2019年2月4日

地球と月の裏側の写真は、おそらく昨日中国の月衛星DSLWP-B(龍江2)が撮った最高の一枚かもしれません。ドウィンゲロープ天文台は、今朝この写真を衛星からダウンロードしました

CNSAは、1月中旬に「龍江2」の電波停止期間を解除し、衛星が再び写真を撮影することを可能にしました。CAMRASによりますと、CNSAは2月3日に、衛星に地球を背景にした月のタイムラプスを撮らせ、その翌日にドウィンゲロープ望遠鏡に送信した、と伝えています。そしてこの写真が、月の裏側全体と地球を一緒に撮った初めての写真となったのです。

今後の活動CAMRASは来週、さらに多くの月面写真が送られてくることを待っています。加えて「龍江2」は美麗写真を撮るだけでなく、今後地球の電離圏から離れていることを利用し、低周波電波天文学の指揮とアマチュア無線実験を行なう予定とのことです。

一応NASAが「中国の月面着陸はウソじゃないみたい」とお墨付きを与えている中国の月探査ミッション。まだまだ私たちを驚かせてくれそうです。

Source: Twitter, CAMRAS via THE VERGE
Reference: SciencePortal China

GIZMODO

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ