Android 6.0搭載タブレット、恵安から10型と7型...クアッドコアで快適動作

2月10日(金)11時45分 J-CASTニュース

10型「KPD10B」

写真を拡大

パソコン用周辺機器やモバイル機器などを手がける恵安(東京都豊島区)は、Androidタブレット、7型と10型の2モデルを2017年2月10日に発売する。いずれも5点マルチタッチ対応の広視野角IPS液晶パネルを搭載。クアッドコアプロセッサーを内蔵し、より高速で快適な動作を実現した。

Android 6.0をプレインストール



OSはAndroid 6.0をプレインストール、アプリの操作や設定が簡単に行える。IEEE 802.11b/g/n準拠の無線LANを内蔵し、ワイヤレスでインターネットやメールを利用できる。



そのほか共通の仕様は、メモリーが1GB、内蔵ストレージが8GB、microSDメモリーカード(最大32GB)対応。200万画素メイン、30万画素サブカメラを搭載。Bluetooth 4.0をサポートする。



7型「KPD7BV4-NB」は、ディスプレイ解像度1024×600ピクセル。バッテリー容量は2500mAh。カラーはネイビー。



10型「KPD10B」は、ディスプレイ解像度1280×800ピクセル。バッテリー容量は5500mAh。カラーはブラック。

J-CASTニュース

「Android」をもっと詳しく

「Android」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ