WiMAX 2+ルーターの新機種は“SIM”に注意?/九州地方のWiMAX 2+事情

2月15日(木)15時0分 ITmedia Mobile

2017年の年の瀬に突然登場した「Speed Wi-Fi HOME L01s」

写真を拡大

 今回の「5分で知る最近のモバイルデータ通信事情」では、UQコミュニケーションズ(UQ)が2017年12月から2018年1月にかけて発売した新型WiMAX 2+ルーターと、その「SIMカード」にまつわる話と、九州地方(福岡県)でWiMAX 2+ルーターを使った時の話をしようと思います。
(記事中の通信速度は理論値)

●年末に“ひっそり”登場 新・据え置きルーター「L01s」

 2017年12月、UQから「Speed Wi-Fi HOME L01s」なる据え置きタイプのWi-Fi(無線LAN)ルーターが発売されました。現在、同社と一部のMVNO、au(KDDIと沖縄セルラー電話)を通して販売中です。
 名前からも察せる通り、この機種は2017年2月に発売された「Speed Wi-Fi HOME L01」のセカンドモデルです。L01については、以前もこの連載で取り上げています。
 L01と比較した際の、L01s変更点はすぐ分かる変更点は以下の通りです。
・SIMカード(au ICカード)のサイズが変わっている(Micro→Nano)
・本体重量が少し軽くなっている(約493g→約450g)
・背面の端子部のカラーが変わっている(ホワイト→グレー)
 それ以外は変わりないように見えるのですが、UQコミュニケーションズのFAQサイトの記載を確認すると、以下の点も変わっているようです。
・ゲストSSID(時間制限付き接続許可)機能の追加
・2つ目のSSID(アクセスポイント名称)につないだ機器のアクセス権限強化
 ユーザーが多用するであろう機能については、L01とL01sとの間に違いは実質ありません。しかしSIMカードのサイズ変更は非常に重要です(詳しくは後述します)。

●上り速度アップも恩恵は薄め? 新型モバイルルーター「W05」

 UQといえば、1月19日にモバイルWiMAX 2+ルーターの新機種「Speed Wi-Fi NEXT W05」を発売しています。L01s同様に、現在同社や一部のMVNOやauで販売中です。
 通信スペック的には「ハイスピード(WiMAX 2+単独)モード」が下り最大588Mbps/上り最大30Mbps、「ハイスピードプラスエリア(WiMAX 2+/au 4G LTE併用)モード」では下り最大708Mbps/上り最大75Mbpsとなります。
 ソフトウェア更新で256QAM変調ややUDC(Uplink Data Compression)に対応した「Speed Wi-Fi NEXT W04」と同等です。一方、ハイスピードプラスエリアモードにおける上り最大速度は37.5Mbpsから75Mbpsに向上しましたが、対応エリアが「東名阪(関東・中部・関西)の一部」なので、恩恵にあずかれるシーンが限られていることには注意が必要です。
 このW05ですが、先に紹介したL01sと同様にSIMカードのサイズがMicroからNanoに変わっています。これは地味ながらとても重要な変化なので、この後詳しく見ていきます。

●WiMAX 2+ルーターで進むSIMカードの「サイズ変更」

 これまで紹介した通り、「L01からL01s」あるいは「W04からW05」にはスペック面での大きな変更はありません。しかし、W04、L01sと以前取り上げた「Speed Wi-Fi NEXT WX04」は、SIMカードが「au Nano IC Card 04 LE U」に変更されています。
 初代WiMAX 2+ルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」以来、全てのWiMAX 2+ルーターは「au micro IC Card(LTE)」というmicroSIMカードを使っていました。
 そのため、UQコミュニケーションズが保証するものではありませんが、このSIMカードは全てのWiMAX 2+ルーターで融通できました。例えば、「自宅・事務所では据え置きルーター、外出先ではモバイルルーター」といったふうに、1枚のSIMカード(1つの契約)で使い分けすることもできたのです(SIMカードの差し替えという手間はかかりますが……)。
 しかし、SIMカードのサイズ変更によって、WX04/L01s/W05では従来のSIMカードを融通できなくなりました。また、逆にWX04/L01s/W05で使われているSIMカードは、WX03/L01/W04までの機種で使うことができません。
 少し詳しい人なら保証対象外であることを承知で「SIMカードアダプターを使えばいいのでは?」と考えるかもしれませんが、それもできないようになっています。
 当然ながら、今後発売される機種はnanoSIMカードに対応するものが増えていくと思われます(全てとは言いきれませんが……)。それを前提すると、「microSIM対応端末」「nanoSIM対応端末」の混在はそこまで長期化しない(≒遠くないうちにnanoSIM対応に一本化される)と思われますが、「最新機種を購入した後も過去の機種も併用したい」と考えている人は注意が必要です。

●WiMAX 2+の下り最大440Mbps“非対応”エリア

 2018年1月上旬、筆者は福岡市を訪問しました。その際、ホテルでの通信手段としてWiMAX 2+ルーターを使いました。
 旅行や出張時にWiMAX 2+ルーターを使う時に一番気になる電波状況ですが、宿泊したホテルが交通の要所である博多駅の近くだったこともあり、電波面では問題ありませんでした。
 しかし、実際にPCをWiMAX 2+経由でネットにつないで作業をしたところ、電波は良好なのに「何か通信が遅い……」と感じました。
 「あれ? ひょっとして混雑してるのかな?」と思って調べたところ、福岡市内全域のWiMAX 2+サービスは下り最大220Mbps止まりで、ほぼ全国に広がっている下り最大440Mbps対応がなされていなかったのです。
 WiMAX 2+の下り最大440Mbps対応は、2017年2月時点で「ほぼ全国エリア」で完了しています。2018年1月現在、エリアマップベースでこれに対応していない政令指定都市は福岡市、北九州市、熊本市と、九州に集中しています。九州地方全体で見ても、県庁所在地で下り440Mbps対応がほぼ完了しているのは宮崎市と那覇市のみです。
 下り最大440Mbps対応エリアでは、「ギリギリ圏内」あるいは「端末上のアンテナは5本中1本」というような状態でも、それほどストレスを感じることなく通信できるようになりました。
 一方、今回の福岡市のような環境では「旅行や出張中に取った大量の写真をクラウドサービスにアップロードしつつ、PCで作業」という使い方をすると通信が重たい(通常時よりも時間がかかる)ことを実感してしまいます……。
 1日も早く、九州地方における下り最大440Mbps対応エリアが拡大することを期待しています。

ITmedia Mobile

「WiMAX」をもっと詳しく

「WiMAX」のニュース

BIGLOBE
トップへ