インテル、ゲーミングの設定ができるグラフィックスドライバーをSkylake以降に提供

2月15日(木)19時7分 ITmedia PC USER

ゲーミング設定が可能になったグラフィックスのコントロールパネル

写真を拡大

 インテルは2月13日(現地時間)、ゲーム向けの設定を自動で適用できる「Intel Graphics」向けの「Intel Graphics Driver for Windows」バージョン15.65.3.4944をリリースした。「Radeon RX Vega M Graphics」を搭載した第8世代Coreを含め、第6世代(Skylake)以降のCPUに適用できるとしている。
 このバージョンのドライバーをインストールすると、グラフィックスのコントロールパネルに「Gaming」のアイコンが表示されるようになる。
 このドライバーはベータ版のため、機能には制限があるという。現在この機能がサポートしているゲームは、「Battlefield 1」「Battlefield 4」「American Truck Simulator」「Call of Duty WWII」「Destiny 2」「DOTA 2」「Grand Theft Auto V」「League of Legends」「Overwatch」「World of Tanks」の10種。

ITmedia PC USER

「インテル」をもっと詳しく

「インテル」のニュース

BIGLOBE
トップへ