デンソー、コネクティッド事業強化でクリエーションラインに出資

2月15日(木)12時28分 マイナビニュース

デンソーは2月14日、クラウド技術やオープンソースなどの次世代ソフトウェア開発技術を強みとしているというクリエーションラインに出資したと発表した。

デンソーによると、自動車業界は他業界からの新規参入や開発スピードの加速により、競争が激化している。このような環境下で、これからのモビリティ社会を牽引するには、従来の自動車部品の開発で培った技術と知見に加え、世界中から先進的なソフトウェア技術を積極的に導入し、スピード感を持ってイノベーションを生み出すことが不可欠だという。

クリエーションラインは、オープンソースおよびアジャイル開発手法を用いた技術開発に強みを持っている。デンソーは、今回の出資を通じて、先進的で今後さらに急成長が期待できる技術に取り組むクリエーションラインのIT人材をコネクティッド関連事業に活用する。

さらに、クリエーションラインが主催・共催する多様なオープンソースコミュニティへの参画を通じ、今後の事業展開に必要なグローバルに通用するソフトウェア志向の開発体制を強化する方針だ。

マイナビニュース

「デンソー」をもっと詳しく

「デンソー」のニュース

BIGLOBE
トップへ