オリジナルのToy-Conを作る機能も Nintendo Laboを紹介する動画公開、予約受付も開始

2月15日(木)12時30分 ねとらぼ

(画像はYouTubeより)

写真を拡大

 任天堂は1月に発表した「Nintendo Labo」の紹介映像を新たに3本公開しました。公開されたのは「Nintendo Labo」の詳細を説明する動画と、4月20日に発売する「Nintendo Labo」のVariety KitとRobot Kitそれぞれの紹介動画。なお、本日より順次「Nintendo Labo」の予約が始まっています。
 「Nintendo Labo」は、ダンボールでできた「Toy-Con」と呼ばれる専用コントローラーを自分で組み立てるところからスタート。組み立ての際にはハサミやノリも不要で、組み立てかたはNintendo Switch本体で見られる「動かせる説明書」がサポートします。最後にNintendo SwitchをToy-Conに組み合わせて完成。ピアノや釣り竿やバイクやロボットなど、さまざまな形をしたToy-Conでそれぞれ独自のゲームが楽しめるようになっています。
 また、なぜダンボールでできたコントローラーでゲームができるのかが分かるよう、Toy-Conの中身を透かして見る機能、仕組みが分かる解説動画、Toy-Conの機能を使ったさまざまな実験を用意しているとのこと。自分で作り、体験し、仕組みを理解させる知育玩具のような側面もあり、自分でオリジナルのToy-Conを発明する「Toy-Conガレージ」という機能も備えているようです。
 Variety Kitでは振動をつかって動かす「リモコンカーToy-Con」、リールを巻いて魚を釣りを楽しめる「つりToy-Con」、不思議な生き物が住む家を操る「おうちToy-Con」など5つのToy-Conが楽しめます。Robot Kitはバイザー、メインボディ、シューズ、アームを自分の体に装着することで画面のロボットを操ることができ、Toy-Conを2つ用意すれば対戦することも可能。
 My Nintendo StoreではVariety Kit(税込7538円)、Robot Kit(税込8618円)ともに予約受け付け中となっています。

ねとらぼ

「予約」をもっと詳しく

「予約」のニュース

BIGLOBE
トップへ