BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

SASが2017年事業戦略を説明 - 新プラットフォーム「SAS Viya」と共に自己変革を

マイナビニュース2月17日(金)15時30分
画像:SASが2017年事業戦略を説明 - 新プラットフォーム「SAS Viya」と共に自己変革を
写真を拡大
SAS Institute Japanは2月16日、2017年度のビジネス戦略発表会を開催した。発表会では、代表取締役社長の堀田徹哉氏が2016年のビジネス総括、2017年度のビジネス戦略、今後の製品/ソリューション展開について説明を行った。

堀田氏は、2016年度の業績として、単体ソフトウェアの収入の成長率が前年比で19%増となり、米国と英国に続いて日本が世界第3の市場に躍進したことを紹介した。2016年度のビジネスのハイライトとしては、金融エリアの前年比54%増の成長、製造エリアの前年比21%増を挙げた。

金融エリアでは「SAS Fraud Solution」による金融規制対応業務の高度化が進み、また、製造エリアでは「SAS Analytics for IoT」によるIoTのイノベーションが進んだという。特に製造業は「カギとなる案件を占めるようになってきた」と堀田氏。

堀田氏は、同社の成長の原動力について「インダストリー」「ソリューション」「イノベーション」「エコシステム」のキーワードの下、説明した。

インダストリーに関しては「金融」「製造・ユーティリティ」「流通・サービス」「医療・製薬」について成長戦略を策定している。「製造業はグローバル展開が多いため、SASが成長する上でのカギとなる。また、流通・サービス業においては、AIを活用した需要予測を行うなどの新たなソリューションが期待される」(堀田氏)という。

ソリューションについては、「Customer Intelligence」「Risk Management」「Fraud & Security Intelligence」「Advanced Analytics/Data Management」に関わる製品をコアとしてビジネスを進めていく。クラウド型のデジタルマーケティングソリューション「SAS Customer Intelligence 360」は昨年世界で初めて日本の顧客が稼働をスタートし、注目を集めたとのことだ。

イノベーションに関する2017年のテーマは「リアルタイム化と自動化」「AIアナリティクス」「システム連携/APIエコノミー」「オープン・イノベーション」となる。堀田氏は「イノベーションの質が変わるとともに、テーマが多岐にわたり、高度化してきているので、対応していきたい。また、今後は複数の企業によるイノベーションが進むだろう」と、イノベーションに関する見解を語った。

続いて、同社がイノベーションを実現するためのアナリティクス・プラットフォームとして昨年4月にリリースした「SAS Viya」が紹介された。SAS Viyaは、CAS(Cloud Analytics Services)と呼ばれるインメモリエンジンとマイクロサービスから構成されており、機械学習、テキスト解析、画像処理といったAIが搭載されている。

堀田氏は、同プラットフォームの特徴について「ストリーミングデータ、クラウド上のデータ、Hadoop上のデータ、データベース上のデータとあらゆるタイプのデータを扱うことができる。また、SASのさまざまなアプリケーションからViyaを利用できるほか、SAS以外の言語からも直接開発できるので、拡張性が高い。なお、Viyaは顧客と共にわれわれにも革新を促すソリューションであり、自己変革も2017年のテーマの1つとなる」と語った。

SAS Viya上で稼働する製品として、「SAS Visual Data Mining and Machine Learning」「SAS Visual Investigator」が2016年にリリースされたが、2017年も新製品のリリースが計画されている。

成長の原動力の4つのキーワードとなる「エコシステム」については、従来のSIerやリセラーに加えて、デベロッパー、コンサルティング・ファーム、アナリティクス・サービス・プロバイダーにまで広げていく。

また、同社に対する顧客からの期待値の変化を踏まえ、新たなユーザーコミュニティを形成する。新たなユーザー・コミュニティ「産業ユーザー交流会(仮称)」は顧客同士の交流を深めることで、イノベーションにつなげていくことを目的としている。

そのほか、データサイエンスに関する人材から見たエコシステムについても、育成と採用を支援することで、強化していく。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

ITトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「ビジネス」「社長」「業績」「ソフトウェア」の関連トピックス

「SASが2017年事業戦略を説明 - 新プラットフォーム「SAS Viya」と共に自己変革を」の関連ニュース

注目ニュース
メルカリに今度は「チャージ済みSuica」の出品相次ぐ ITmedia NEWS4月25日(火)13時33分
現行紙幣の出品を禁止したメルカリに今度は、チャージ済みSuicaが額面以上の価格で出品されていると、ネットユーザーの間で話題になっている。[ 記事全文 ]
1日10食限定「戸愚呂100%中の100%チョコレートパフェ(2000円)」の破壊力 幽白コラボCafe、メニューを公開 ねとらぼ4月23日(日)13時1分
4月28日から開催予定の幽☆遊☆白書コラボレーションCafeが、提供するメニューを公開しました。[ 記事全文 ]
次期iPhoneの残念仕様 端末の「背面」に指紋センサーか Forbes JAPAN4月21日(金)12時23分
年内に発売が噂される次期iPhoneに関しては様々な憶測が流れている。名前の候補には「iPhone7S」や「iPhone8」「iPhone…[ 記事全文 ]
360度移動可能! ゴムボールでコロコロ進むセグウェイのような乗り物 GIZMODO4月24日(月)12時6分
体幹鍛えられそう。セグウェイは、認知度は広まったものの、今ひとつ一般に普及していませんね。[ 記事全文 ]
軍事とIT (189) STOL/VTOL(2)STOL機の事例 マイナビニュース4月25日(火)13時30分
STOL(ShortTake-OffandLanding)機にしろ、VTOL(VerticalTake-OffandLanding)機にし…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア