薄さ5.5mm!Samsungの新タブレットGalaxy Tab S5e

2月19日(火)12時0分 GIZMODO


1
Image: Samsung

う、薄いぞ...!

Samsung(サムスン)が Galaxy Tab S4を発表したとき、カッコいいデザインや長いバッテリー寿命、SamsungのDex(ディスプレイに繋ぐとデスクトップ的に使える)に対応したAndroid OSには「おっ、いいな」と思ったものです。ですが、値段と仕様はいただけませんでしたよね。そこでGalaxy Tab S5eの登場です。Samsungはここにきてフラグシップタブレットを一挙に刷新して、超極薄のオールラウンドタブレットを放ってきました。

じゃ、Galaxy Tab 5は一体どうなるんでしょうね? その質問の答えはさておき、S5eの「e」が 「essential」のeなら、S5eでは余計なものを取り払って、シンプルさを強調している可能性があります。(S5eの名づけを鑑みるとSamsung がGalaxy S10 の3番目のモデルS10Eを作ろうとしているという噂はあながち噂にはとどまらないかも)

Galaxy Tab S4と比較すると、Tab S5eに足りないものは、ビルトインのスタイラスペンと、虹彩認証スキャナだけ。プロセッサはSnapdragon 670だし、大きさは10.5インチで解像度は2560×1600のAMOLEDタッチ画面は搭載されるはずだし、microSDスロットも、メモリは4GBでストレージは64GBついて、AKGスピーカーも搭載されて400ドル(約4万4200円)ぽっきり。Galaxy Tab S4よりも250ドル(2万7000円)は安くなる計算だし、9.7インチのiPadと80ドル(8,840円)しか違いません。iPadのメモリは32GBで2048×1536 の LED ディスプレイということを考えても。悪くないかも。


1-1
Image: Samsung


2
Image: Samsung


3
Image: Samsung


4
Image: Samsung


5
Image: Samsung

で、Samsungはこれらの仕様や機能をぎゅっと5.5mmの薄さの筐体に詰め込んでいます。比較してみると、Galaxy S9+ は3mmも厚い8.5mm。9.7インチのiPadで薄さは7.5mmですし、曲げに弱いという新しいiPad Proですら5.9mmですよ。Tab S5eの耐久性を十分テストしているかどうかが見ものですが、AppleのiPad Proよりも頑丈であることを祈るばかりですね。

新しいTab S5eのバッテリーは7,040 mAhで、これはTab S4の7,300 mAhのバッテリーよりも5%容量が小さい計算です。大きな容量のバッテリーと電源をそれほど必要としないプロセッサを組み合わせれば、バッテリー寿命にすぐれた端末ができてくる可能性は期待できます。Tab S4ですでに実現できている13時間よりも持ちがよくなる可能性すらあります。

タブレットでもデスクトップでも作業したい欲張りなあなたのために、SamsungはTab S5eにもDex UIをつけてくれています。必要なときはデスクトップで作業できるというわけ。マルチタスカーなあなたにはSnapdragon 835を載せたTab S4がおススメですが。または130ドル余計に支払うならTab S5eの付属キーボードが手に入ります。残念ながらオプションで追加購入が必要なんです。

でも単に家でネットをチェックしたり、メールをチェックしたりといった日常用に使うことを考えているなら、400ドルのGalaxy Tab S5eは4〜5年使い続けて買い替えを考えているタブレットの代わりとしては十分な性能を提供してくれます。少なくとも330ドル(3万6400円)のiPadやAmazonの製品ラインよりも性能的にはすぐれてますよ。

Galaxy Tab S5eは2019年の第二四半期くらいに400ドルで販売されるようです。お色はゴールド、ブラック、シルバーの3色で、 LTE接続対応モデルは今年後半に通信業者より販売される予定です。

GIZMODO

「Galaxy」をもっと詳しく

「Galaxy」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ