オープンソースのファイル暗号化アプリケーション「FinalCrypt」とは?

2月19日(火)13時50分 マイナビニュース

It's F.O.S.S.に2月17日(米国時間)に掲載された記事「FinalCrypt - An Open Source File Encryption Application - It's FOSS」が、ファイルを暗号化/復号化するアプリケーション「FinalCrypt」を紹介した。

FinalCryptはオープンソースソフトウェアとして公開されているアプリケーションで、Windows版、macOS版、Linux版のパッケージが提供されている。パッケージはGitHubでホスティングされているプロジェクトページのほか、FinalCryptのサイトからもダウンロードすることができる。

FinalCryptはワンタイムパッド(One-time Pad)キーファイルを使うタイプの暗号化/復号アプリケーションだ。ファイルを暗号化する際、少なくとも対象ファイルと同じサイズのワンタイムパッドキーファイルを生成して利用することが推奨されている。

ファイルを暗号化する時は、暗号化する対象とワンタイムパッドキーファイルを指定してからEncryptボタンを押す。復号する時は暗号化されているファイルと暗号化で指定したワンタイムパッドキーファイルを指定してからDecryptボタンを押す。

暗号化したファイルを復号するには暗号化の時に指定したワンタイムパッドキーファイルが必要になるため、ワンタイムパッドキーファイルを安全な場所に保存しておく必要がある。

マイナビニュース

「Windows」をもっと詳しく

「Windows」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ