「われわれの脅威インテリジェンスは高いレベルにある」 - Infoblox 河村氏

2024年2月22日(木)7時0分 マイナビニュース

昨年10月に、クラウド型マネージドDDI(DNS、DHCP、IPアドレス管理)やDNSセキュリティを提供するInfobloxの日本担当カントリーマネージャーに河村浩明氏が就任した。同氏は「興奮してて仕事を非常に楽しく感じている」と述べており、本稿では就任以降の取り組みや同社における今後の展望に関するインタビューを紹介する。
河村浩明(かわむら ひろあき)
Infoblox株式会社 日本担当カントリーマネージャー
これまでEMCジャパン執行役員、日本オラクル常務執行役員、サン・マイクロシステムズおよびシマンテック代表取締役社長、Dropbox Japanなどのカントリーマネージャーを歴任。エンタープライズ向けIT市場のグローバルトップソリューションをはじめとして、セキュリティソリューションの拡充、ネットワークやシステムの可観測性の向上など、40年以上にわたりテクノロジーエンタープライズ企業の日本国内事業の拡大に貢献。
就任以降の施策には非常に手応えを感じている
○--まずは、昨年10月にカントリーマネージャーに就任して以降の所感についていかがでしょうか?
河村氏(以下、敬称略):昨年の4月末に前職を退任してからは、引退しようと考えていました。しかし、InfobloxのAPJトップから話がしたいという連絡が来て、カントリーマネージャーを打診されました。
年齢的にも厳しいかなとは思っていたのですが、実際に話を聞いてみたらDNSセキュリティということで、なかなか面白そうだなと感じていました。
また、誘ってくれたAPJのトップは前職の同僚であったことから、彼となら面白い仕事ができるなと考えました。入社してから、まず感じたことはグローバルやAPJのパワーを使えてないということ、そしてコミュニケーションが取れていないということでした。
そのため、日本法人の従業員とともに海外の同僚とディスカッションするようにし、製品の良さや戦略の落とし込みが不十分だと感じたため、そうした情報を共有することからスタートしました。
.

マイナビニュース

「インテリ」をもっと詳しく

「インテリ」のニュース

「インテリ」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ