ソフトバンク、ケータイからスマホへの機種変・乗り換えで1万800円割引に

2月22日(金)22時36分 財経新聞

 ソフトバンクは22日、ケータイ(3Gケータイやフューチャーフォン)からスマートフォンへの機種変更もしくは乗り換え(MNP)を対象とした新キャンペーン、「スマホスタート割」を3月1日から開始すると発表した。キャンペーンが適応されると、機種代金から1万800円(税込)が割引となる。キャンペーンの終了時期は未定だ。

【こちらも】DMMモバイル、新規契約手数料0円・音声SIM月額40円〜の新キャンペーン

 「スマホスタート割」は、ソフトバンクのケータイ、みまもりケータイ、キッズフォン、あんしんファミリーケータイから対象機種(4GスマートフォンもしくはiPhone 5以降のiPhone)へ端末の購入を伴う機種変更が対象となる。また他社のケータイ(従来型携帯電話やフューチャーフォン)、PHS、キッズ向けケータイからソフトバンクの対象機種を購入しての乗り換えもキャンペーン対象となる。

 料金プランでは、通話基本プランの2年契約か2年契約(フリープラン)、またはハートフレンド割引に加入し、データ定額50GBプラスかデータ定額ミニモンスターを選択することも条件となっている。学割放題との同時加入は不可となっているが、学割放題は最大1万3,500円(税抜)が割引となるため、利用者によってどちらが得かは異なる。

 他社ケータイからの乗り換えで「スマホスタート割」へ申し込む場合は、店舗でのみの受付となり、申し込み時に使用している機種の携帯電話番号を画面に表示した状態で、撮影を行う必要がある。故障などで画面に電話番号を表示することができない場合、キャンペーンの申し込みは不可となるため注意が必要だ。ソフトバンクケータイからの機種変更の場合は、オンラインショップからの申し込も可能だ。

財経新聞

「ケータイ」をもっと詳しく

「ケータイ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ