Nikeの自動調整バッシュ、「履ける文鎮」と化す

2月25日(月)11時30分 GIZMODO


190225_nike
Image: Elise Amendola/AP

靴ヒモ締めなくても履けるんですけどね。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーII』で憧れた技術を搭載した、ナイキの自動調整バスケットシューズ「Adapt BB」。

モーター仕込みでアプリと連携し、お値段350ドル(約3万8000円)というハイテク・スニーカーなのですが……Androidに接続すると、「文鎮」になってしまうとの報告がチラホラ聞こえているのだそうです。

どういうこと? これは決して購入した人を小バカにするのではなく、Android用のアプリでは、最近ファームウェアを更新したあとに深刻な技術的不具合が発生している、というお話なのです。

CNETが、アプリのダウンロードページに投稿されたレビューを紹介していますが、そこには “スニーカーとの接続に失敗し続ける” と書かれていたり、 “ファームウェアが靴を文鎮にしてしまった” などのコメントが並んでいるとのこと。

The Vergeでも、ユーザーたちにより、“どうやってもモーターが機能を停止してしまう”と言っている旨が取り挙げられています。

ソフトウェアのエンジニア、ジョナサン・ワーナー氏も、Android版の不具合についてナイキが答えてくれず、スニーカーが文鎮化した話を投稿しています。

The future is now, specifically that Nike didn't QA the *android* version of their Adapt app as thoroughly as their iOS app, and all customers with Android devices now have bricked shoes due to broken firmware update routine. @internetofshit pic.twitter.com/vBgoHUC9Y4

— Jonathan Warner??? (@Jaxbot) 2019年2月18日

履けないわけではないCNETは、アプリが機能するかどうかに関わらず、靴は靴であり続ける、そして側面のボタンが機能し続けることを指摘しています。

ユーザーはとりあえずスニーカーを履くことはできます。しかしアプリから操作するすべてのスマートな機能はアップデートと共に機能を停止しているので、ユーザーたちはストレスが溜まっています。

アプリのレビューには、Asa Domolkyが「初めてのソフトウェア更新で、アップデート中にエラーが発生しました。右足の靴を文鎮化してしまったのです」と書いています。

通常、文鎮化はデバイスを完全に使い物にならないものにしがちですが、少なくともAdapt BBの文鎮化はある程度普通のスニーカーとして使うことはできます。この問題が発生しても、靴本体の側面のボタンでフィット感を制御することはできます。

とはいえ、この不具合はすっごく面倒な手順を踏めば、マニュアル操作でリセットできるとのこと。

ナイキはCNETからのコメントには応じていませんが、Google Playストアでは怒れるユーザーたちに「私たちはこの問題を認識しており、積極的に解決策を模索しています」と答えています。

どんなテクノロジーも、機能しないと困りモンですね。普通のスニーカーになったんじゃ、「バック・トゥ・ザ・パスト(過去)」ですよ。トホホ。

Source: Twitter, CNET, engadget, THE VERGE, Google Play

GIZMODO

「Nike」をもっと詳しく

「Nike」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ