PlayStation VRの販売台数が91.5万台に到達。SIEも大満足

2月28日(火)15時5分 GIZMODO

PlayStation VRの販売台数が91.5万台に到達。SIEも大満足


そりゃ品薄になるわけです。

昨年10月に発売された、VRヘッドセット「PlayStation VR(PS VR)」。今年の2月25日にはまたしても追加販売が行われるなど、今でも大人気です。そしてソニーの公式発表によると、販売が非常に好調だというのです。

The New York Timesの報道によると、PS VRの販売台数は2月19日に91万5000台に到達。ソニーは半年間で100万台の販売を予定していたので、発売から4ヵ月ちょっとでこの販売台数は同社の予想を上回るほど好調だったといえるでしょう。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)代表取締役社長兼グローバルCEOのアンドリュー・ハウス氏は、「店舗に在庫が復活したと聞くや、文字通り店の前に行列ができたんだよ」と嬉しそうに語っています。PlayStation 4の販売も好調ですし、ソニーのゲーム部門はまさに黄金時代を迎えているといってもいいかもしれません。

なお品薄の続くPS VRですが、ソニーは「4月までに供給体制を改善したい」と語っています。今週には任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」が発売されますし、今年はどんなゲームハードを買えばいいのか迷ってしまいますね!


・将来、PlayStationはPS VRの周辺機器になる? 衝撃予言が登場


image: Christian Bertrand / Shutterstock.comsource: The New York Times

(塚本直樹)

GIZMODO

この記事が気に入ったらいいね!しよう

販売をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ